このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 資格試験免許 の中の 医療職をめざすみなさんへ の中の 各職種のごあんない の中の 診療放射線技師 のページです。

本文ここから
医療・保健

診療放射線技師

診療用放射線全般を扱います

根拠法

 診療放射線技師法

業務内容

 診療放射線技師の業務は、人体への放射線の照射、画像診断装置による検査を行うことです。放射線の照射は、医師・歯科医師・診療放射線技師だけが行うことができます。

沿革

 エックス線装置は明治時代に輸入され、それを取扱う技術者も自然発生的に分化してきましたが、昭和26年に「診療エツクス線技師法」が制定され、これらの技術者の資質と身分の安定が図られました。その後、医療への放射線の利用は大幅に増大し、放射線治療を行う医師の補助者として、診療用放射線全般について取扱う技術者が強く望まれるようになり、昭和43年、広く放射線を取扱う技術者として新たに診療放射線技師の制度が創設されました。昭和58年には、医療技術の高度化の中で必要性が薄れてきた診療エックス線技師制度が一定の経過措置を伴って廃止され、法律名も現行の「診療放射線技師法」となっています。
 現在までの主な改正として、平成5年に、医学の進歩に対応して医療関係者間の効率的かつ適正な役割分担を図るため、新たに磁気共鳴画像診断装置等の画像診断装置を用いた検査が業務に追加されました。

資格取得の方法

 高校卒業後、養成施設(3年以上)に進学、卒業後国家試験に合格すると、厚生労働大臣から免許が与えられます。

国家試験の内容

 基礎医学大要、放射線生物学(放射線衛生学を含む。)、放射線物理学、放射化学、医用工学、診療画像機器学、エックス線撮影技術学、診療画像検査学、画像工学、医用画像情報学、放射線計測学、核医学検査技術学、放射線治療技術学及び放射線安全管理学

関係団体へのリンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。公益社団法人東京都診療放射線技師会

お問い合わせ

このページの担当は 医療政策部 医療人材課 免許担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る