このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

申込から貸与決定まで

1.申込手続き

(1) 募集・申込手続

 毎年4月、養成施設等を通して「修学資金のご案内」を配布、募集を行っています。申込書に関係書類を添えて、在学する養成施設等に提出してください(最終的に各養成施設が東京都へ書類を提出します)。 
 なお、お申し込み、お問い合わせ、不明な点は各養成施設等の修学資金担当者にお尋ねください。

(2) 申込方法

 必要書類を、各養成施設等に提出してください。提出期限は各養成施設等で設けています。
 書類の不備や記載事項に偽りがある場合は、審査(選考)の対象外となりますので十分注意してください。
 なお、一度ご提出いただいた書類は、いかなる理由があっても返却できません。また、貸与資格確認のため、必要書類の他に関係書類を提出していただくことがあります。

(3) 2口以上の申込

 第一種1口、第二種2口の計3口までの申込が可能です。2口以上申込みをする場合は、その口数分の書類が必要です。その場合、「(4)必要書類」の1と5は口数分の原本が必要です。2~4は1口分は原本で、残りの口数分はコピーでかまいません。(A4縦の用紙にコピーし、拡大・縮小しないでください。)

(4) 必要書類

申込者
1 修学資金貸与申込書(第一種は緑色、第二種は茶色)
2 申込者や扶養者の住民票
3 扶養者等の収入等に関する証明書類
4 特別控除についての証明書類(該当する方のみ)
5 東京都看護師等修学資金口座振込依頼書(通帳等のコピーを添付)
6 看護師等修学資金貸与申込用 提出書類チェックリスト

※大学院修士課程の方は、以下の書類も必要です。
8 看護師免許の写し
9 大学の成績証明書
10 自己推薦書(第一種貸与のみ)

連帯保証人
1 印鑑登録証明書
2 収入等に関する証明書類
3 住民票

2.審査及び決定(通知)

 申込書類等を審査の上、貸与の可否を決定し、その結果については、8月上旬頃、各養成施設を通じて通知します。

3.貸与方法

  貸与決定後、本人名義の指定口座に振り込みます。

4.貸与時期

  年12回分を申込年度は3回、次年度以降は4回に分けて指定口座へ振り込みます。

  回数 貸与月 振込時期
申込年度 1回目 4月~9月分 8月下旬
2回目 10月~12月分 10月中旬
3回目 1月~3月分 1月中旬
次年度以降 1回目 4月~6月分 5月中旬
2回目 7月~9月分 7月中旬
3回目 10月~12月分 10月中旬
4回目 1月~3月分 1月中旬

5.申込時の注意

連帯保証人

 保証人は必ず2名必要です。連帯保証人になっていただく方には、事前にこの制度についてよく理解していただき、必ず承諾をとってください。「修学資金貸与申込書」には連帯保証人の自署、実印での捺印、収入証明等の必要書類の添付が必要です。

<連帯保証人の資格等>
(1)連帯保証人は2名必要です。
(2)連帯保証人は、一定の職業に就き、収入を得て独立の生計を営んでいることが必要です。無職の方や年金収入のみの方は認めていません。
(3)本修学資金に関して、他の被貸与者、申込者の保証をしていない(しない)ことが必要です。
(4)原則として、2名のうち1名は親族の方としてください。
(5)成年であること。
(6)債務整理中(破産等)ではないこと。
(7)所得税法上の扶養に入っている方は、連帯保証人になることができません。
(例)
母親に収入があり、父親の所得税法上の扶養に入っている場合 ⇒ 父親のみ連帯保証人可
母親に収入があり、父親の所得税法上の扶養に入っていない場合 ⇒ 父親も母親も連帯保証人可

お問い合わせ

このページの担当は 医療政策部 医療人材課 看護担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

看護師等修学資金貸与事業

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。