このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 相談窓口 の中の 患者の声相談窓口のご案内 のページです。

本文ここから
医療・保健

患者の声相談窓口のご案内

医療に関する問題を自ら解決するための助言等を行い、患者と医療機関等との信頼関係の構築を支援します。

  • 医療安全支援センター「患者の声相談窓口」は、患者・住民が安心して医療を受けるための方法を一緒に考えます。
  • 医療安全支援センター「患者の声相談窓口」は、必要に応じて医療機関に対して助言を行います。

1 窓口の概要

東京都では、「365日24時間の安心」「患者中心の医療」の実現を目指す「東京発医療改革」を進めており、この改革の具体的な施策の一環として、平成13年5月から、医療安全課に「患者の声相談窓口」を設置しています。
平成16年7月から、新たに多摩地域の二次保健医療圏ごとの保健所(西多摩保健所、南多摩保健所、多摩立川保健所、多摩府中保健所、多摩小平保健所)にも、「窓口」を設置し、患者と医療機関の信頼関係の構築を支援しています。
平成19年4月からは、医療安全支援センターにおける医療安全支援事業の一環として、引き続き「患者の声相談窓口」を実施し、貴重な声を、医療安全対策の推進に反映させていきます。

2 窓口の基本方針

  • 医療に関する問題を自ら解決するための助言等を行い、患者と医療機関等との信頼関係の構築を支援します。
  • 医療行為における過失や因果関係の有無、責任の所在を判断・決定する機関ではありません。また、医療機関との紛争の仲介や調停は行いません。

3 どんなときに利用したらいいのでしょう?

図 どんなときに利用したらいいのでしょう

4 窓口の利用案内

都内の医療機関等で行われている医療に関する事項であれば、どなたでも相談することができます。
担当外の事項については、適切な担当部署をご案内いたします。
(1) 電話相談
電話による相談を原則とし、主に都内の病院(20床以上)に関する相談をお受けしています。
電話 03-5320-4435
受付時間 (平日)9時から12時まで、13時から17時まで
※ 相談時間は原則として30分以内です。
※ 電話が混み合ってつながらない時は、しばらく時間をおいておかけ直しください。

(3) 多摩地域の保健所
多摩地域の各保健所に設置された、医療安全支援センターの「患者の声相談窓口」では、対象地域にお住まいの方からの医療に関するご相談、また、対象地域に所在する診療所等に関するご相談をお受けします。

 
名称 「患者の声相談窓口」
専用電話番号
対象地域(※表記以外は下部参照)
西多摩保健所医療安全支援センター 0428-20-2113 青梅市、福生市、羽村市、あきる野市、瑞穂町、日の出町、檜原村、奥多摩町
南多摩保健所医療安全支援センター 042-310-1844 日野市、多摩市、稲城市
多摩立川保健所医療安全支援センター 042-526-3063 立川市、昭島市、国分寺市、国立市、東大和市、武蔵村山市
多摩府中保健所医療安全支援センター 042-362-4691 武蔵野市、三鷹市、府中市、調布市、小金井市、狛江市
多摩小平保健所医療安全支援センター 042-450-3222 小平市、東村山市、清瀬市、東久留米市、西東京市

※特別区・八王子市・町田市に所在する診療所等に関するご相談は、各区・八王子市・町田市の保健所へお問い合わせください。
※島しょ地域における医療機関等のご相談は、各島しょ保健所出張所又は、東京都医療安全支援センターをご利用ください。

5 実績報告

6 都内病院の患者相談窓口

都内全病院に対して実施した、患者相談窓口(患者の苦情・相談に応じる窓口)に関する調査に基づき、公表の意思がある病院について掲載しています。
詳細に関しては、直接病院にお問合せ下さい。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 医療政策部 医療安全課 指導担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る