このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の その他の医療対策 の中の 東京都地域医療支援ドクター事業 のページです。

本文ここから
医療・保健

東京都地域医療支援ドクター事業

  東京都では、多摩・島しょの地域医療の拠点である公立病院等を通じ、地域の医療体制を支援するために、平成21年度から、都立病院等におけるキャリアアップ勤務と多摩・島しょの公立病院等における支援勤務(派遣)を組み合わせた「東京都地域医療支援ドクター事業」を実施しています。

1 事業内容

  地域医療の支援に意欲を持つ医師を「東京都地域医療支援ドクター」として都が採用し、医師不足が深刻な市町村公立病院等に一定期間派遣します。
  通算2年間以上の支援勤務(派遣)の期間以外は、専門医・指導医等へのキャリアパスを実現できるように、本人の希望を踏まえて、都立病院等におけるキャリアアップ勤務を実施します。

2 地域医療の支援に意欲を持つ「東京都地域医療支援ドクター」の募集

(1) 採用の身分

  東京都の常勤職員(課長代理級医師)

(2) 募集診療科等

  周産期医療(産科・新生児科)、小児医療、へき地医療(総合・内科・外科等)、救急診療(内科・外科等)のいずれかに従事

(3) 応募資格

  採用予定日現在、医師法による医師の免許を取得後、通算5年以上医療に従事しており、満60歳未満で医師として診療業務が可能な者。

(4) 勤務期間  

  原則6年間

(5) 給与  

  都立病院医員と同等。加えて、派遣中は勤務1日につき1万円を上限に「派遣手当」を支給。(採用後6年間まで)

(6) 勤務内容 

  多摩・島しょの公立病院等への「支援勤務(派遣)」(通算2年間以上)と、都立病院等における「キャリアアップ勤務」(それ以外の期間)のローテーション勤務。
  キャリアアップ勤務を行う医療機関は、専門医・指導医等へのキャリアパスを実現できるよう、本人の希望を踏まえて決定します。都立病院以外の都内の民間病院等での研修も可能です(ただし、都内の民間病院等での研修の場合は通算1年以内)。

(7) 支援勤務先医療機関実績 

  公立福生病院(内科・小児科)、町田市民病院(新生児科・整形外科)、青梅市立総合病院(救急科)、日野市立病院(総合診療科)、奥多摩病院(内科)、小笠原村診療所(総合診療)など

3 応募方法等

 募集要項など、応募書類の詳細については以下ページに掲載しています。

「東京都地域医療支援ドクター」の募集(平成30年度採用)

お問い合わせ

このページの担当は 医療政策部 医療人材課 人材計画担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る