このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

東京都が指定する医療機関

◇奨学金の返還免除要件となる勤務について

【特別貸与奨学金】
(1)小児医療、周産期医療、救急医療、へき地医療のいずれの領域を選択する場合でも、初期臨床研修は、出身大学の都内に所在する附属病院で実施(医師臨床研修マッチングによる。)
(2)奨学金貸与期間の1.5倍の期間の1/2以上の期間は、都内において小児医療、周産期医療、救急医療、へき地医療を担う医療機関の中から東京都が指定する医療機関(※例、一覧表参照)に従事(※従事する医療機関は、奨学金の貸与を受けた学生(医師)が選択します。)
(3)それ以外の期間は、都内の病院で小児医療、周産期医療、救急医療に従事
なお、へき地医療を選択した者は都内の病院で自己の診療科に従事

【一般貸与奨学金】
(1)小児医療、周産期医療、救急医療、へき地医療のいずれの領域を選択する場合でも、初期臨床研修は、出身大学の都内に所在する附属病院で実施(医師臨床研修マッチングによる。)
(2)奨学金貸与期間の1.5倍の期間は、都内において小児医療、周産期医療、救急医療、へき地医療を担う医療機関の中から東京都が指定する医療機関(※例、一覧表参照)に従事(※従事する医療機関は、奨学金の貸与を受けた学生(医師)が選択します。)

医療機関の例

小児医療

周産期医療

救急医療

へき地医療

東京都が指定する医療機関(一覧表)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 医療政策部 医療人材課 人材計画担当(03-5320-4441) です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

東京都地域医療医師奨学金制度

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。