このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 東京都における自殺総合対策(トップページ) の中の 臨時のお知らせ の中の 「悩むってあたりまえ~目指せ!ありのままマイスター~」大学生向けこころといのちの講演会 のページです。

本文ここから
医療・保健

「悩むってあたりまえ~目指せ!ありのままマイスター~」大学生向けこころといのちの講演会

講演会のお知らせ

 近年、都内の自殺者は減少している中で、大学生の自殺者は増加しています。そこで、大学生世代に自殺と自殺予防を身近なこととして考えてもらうため、大学生とともに企画した講演会を開催します。
 誰でも悩むのはあたりまえ。若者が抱える悩みを乗り越えるには、どうしたらよいのか、若者自らがその方法を考えます。そして、参加者が、ありのままの素直な気持ちで自分にも人にも向き合うことができる「ありのままマイスター」を目指します。
 奮ってご参加ください。
(参加に際しては、事前の申込が必要となります。)

 

講演会チラシ(表)

【日時】平成28年3月24日(木曜日)午後2時から午後5時30分まで(開場午後1時30分)

【会場】東洋大学白山キャンパス 2号館16階スカイホール
     (文京区白山5-28-20)都営三田線「白山駅」、東京メトロ南北線「本駒込駅」下車

【内容】
 第1部 講演
  (1)「自殺うつ予防~若者が若者を支える仕組みづくり~」
    特定非営利活動法人Light Ring.代表理事 石井綾華 氏
  (2)こころを元気にする、「こころのスキルアップ・トレーニング」
    一般社団法人認知行動療法研修開発センター理事長 大野裕 氏(精神科医)
 第2部 大学生によるワークショップ
  ○悩みに対して自分や周りがどう対応すればよいか、6人程度に分かれて討議
  ○グループごとに発表後、大野氏、石井氏から講評

【対象】都内在住・在学の大学生、大学・民間団体・自治体職員、一般都民

【定員】約200名(うちワークショップ参加大学生60名程度)

【共催】文京区

【企画・運営協力】東洋大学社会学部社会福祉学科 加山弾准教授ゼミ

【申込方法】
「参加申込書」に必要事項を記入の上、東京都福祉保健局保健政策部自殺総合対策担当あてに、FAXまたはメールにてお申込下さい。
※送付先については添付のチラシをご参照下さい。

【申込期限】平成28年3月14日(月曜日)17時まで

【その他】 
申込者数が定員に到達した場合は締切前であっても、申込の受付を終了とさせていただきますので、ご了承下さい。
先着に外れた方のみ連絡させていただきます。

ありのままマイスターってどんな人?

ありのままマイスターとは…
ありのままの素直な気持ちで自分にも人にも向き合える人
 ○悩みを友達や家族に相談でき、ストレスと上手につきあうことができる。
 ○悩んでいる人や頑張りすぎている人がいたら、その思いをじっくりと聞き、見守っていくことができる。

ワークショップで大学生たちが具体的な姿を導き出していきます。

講演会に最後まで参加いただいた方を、「ありのままマイスター」に認定します!

ありのままマイスターのイラスト

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 保健政策部 保健政策課 自殺総合対策担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

臨時のお知らせ

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る