このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 東京都における自殺総合対策(トップページ) の中の 東京都における取組 の中の 自殺防止!東京キャンペーン の中の 第2回自殺防止!東京キャンペーン(平成20年3月) のページです。

本文ここから
医療・保健

第2回自殺防止!東京キャンペーン(平成20年3月)

 平成10年を境に、都内の自殺死亡者はそれまでの約2,000人から2,700人余りに急増し、いまや交通事故死亡者の9~10倍に上るなど、大変深刻な状況です。
 東京都では、平成19年度から9月と3月を自殺対策強化月間と定め、自殺防止を呼びかけるキャンペーンに取り組んでいます。3月は、就職や転勤、転居など、生活環境が大きく変動する時期であり、自殺者数が増加する傾向があるため、都独自の取組として、下記の内容により実施しました。

講演会等の開催

いのちの尊さや自殺問題に社会で取り組んでいく必要性について、広く都民に伝える講演会などを開催しました。
 ●開催日  3月15日(土曜日)13時30分から15時30分まで
 ●場所  都庁都民ホール
 ○自殺防止ポスター優秀作品の表彰式
   9月に公募したキャンペーンポスターの入賞作品に対して表彰式を行いました。
 ○東京都からの報告
   自殺の現状や自殺対策の取組と併せ、一人ひとりの「気づき」の大切さを伝えました。
 ○C.W.二コル氏による講演
   「森から未来をみる ~自然から学ぶいのちの尊さ~」
森での生活から得た命についての思索から、人生の奥深さや命の尊さを参加者に伝えました。

写真 C.W.二コル氏

<当日の様子>
 平成20年3月15日、都民ホールにおいて、「自殺防止!東京キャンペーン」講演会を開催しました。3月は、就職や転勤、転居など、生活環境が大きく変動する時期であり、自殺者数が増加する傾向があるため、都独自に自殺防止キャンペーンを1か月間展開していますが、この講演会は、その取組の一つとして行ったものです。当日は121名の参加がありました。

 第一部は9月のキャンペーンで公募したポスターの優秀作品に対する表彰式と多摩総合精神保健福祉センター熊谷直樹保健福祉部長による「東京都における自殺総合対策について」の報告でした。最優秀賞受賞者の三井ヤスシさんは、梶山技監から賞状を授与された後、「自分の作品を見て自殺を思いとどまる方が一人でもいればうれしい。」と受賞の喜びを語りました。

 第二部は、C.W.ニコル氏により「森から未来をみる~自然から学ぶいのちの尊さ~」と題した講演会を行いました。バブルの時代に日本も自然を破壊するのかと悲しかったこと、故郷のウェールズで荒れ果てた森が人々の手でよみがえったことを知り、日本の里山を購入し森を再生することを始めたこと、森の中でゆっくり散歩するとストレスが軽くなることなどを話していただきました。講演後、梶山技監との対談や会場からの質疑応答もありました。

 来場者からは、「今まで知らなかった都の取組について知ることができて良かった。」、「ニコルさんの思いをうかがい、豊かな心、豊かな人生について考えさせられました。」など、多くの声が寄せられ、自殺問題への認識や社会的取組の必要性について、理解を深めることができた一日となりました。

ポスターの優秀作品に対する表彰式の様子

C.W.ニコル氏による講演の様子

自殺防止ポスター&パネル展

公募ポスターの応募作品と、自死遺族からのメッセージや、都の自殺の現状等のパネルを展示しました。
 ●日時:3月11日から3月18日まで
      午前9時から午後6時まで(最終日は午後3時まで)
 ●都庁都政ギャラリー

写真 パネル展示の様子

キャンペーンポスターの作成・掲示

自殺防止を呼びかけるポスターを作成し、電車内や駅などに掲出しました。ポスターのデザイン、メッセージは、都民公募した「メッセージ入りポスター」の最優秀作品(作者:三井ヤスシ氏(都内在住))を使用したものです。
 ●電車車内広告の掲出
  JR概ね全線  3月中約2週間
  京王(本線)、西武(新宿線・池袋線)、都営地下鉄(全線) 3月1か月間
 ●鉄道各社の協力により駅構内にポスターを掲出
  JR、私鉄(東武・西武・京成・京王・小田急・東急・京急、東京メトロ)、都営地下鉄
 ●区市町村、各種相談機関にポスターを掲出
  福祉事務所、保健所・保健センター、「こころといのちの相談・支援東京ネットワーク参加機関」、自殺総合対策東京会議メンバー機関など

多様な広報媒体による幅広い広報展開

幅広い都民の皆さんに自殺防止を呼びかけ、都民一人ひとりの参加と協力の必要性を訴えるため、多様な広報媒体を用いて広報を実施しました。

1 一般都民の方に向けた広報
  ○広報東京都での特集
   3月号掲載
  ○東京都提供番組での自殺特集(2週連続)
    『すなっぷ』  テレビ東京 水曜日 19時55分から20時まで
       3月12日「死なないで」、3月19日「命をつなぐ」
  ○新聞広告の掲載
   3月上旬掲載(日刊紙6紙)

2 若者に向けた広報
  ○ラジオCM  ニッポン放送(AMラジオ1242kHz)
   金曜日深夜24時20分から24時40分までの番組「川嶋あい 勇気の唄」の中で放送(3月中)
  ○求人・求職情報誌(タウンワーク)への広告掲載
  ○自動車教習所映像ビジョンによる広報(首都圏81校で放映)

自殺防止に関連した講座等の情報(都)


 3月の自殺対策強化月間に、都保健所では自殺防止に関連した下記の事業を実施しました。

1 わかちあいの会「自死遺族のつどい」
日時 3月14日(金曜日)13時30分から16時
場所 西多摩保健所 
実施機関 西多摩保健所
問い合わせ先 西多摩保健所保健対策課 TEL:0428-22-6141

2 「働き盛りのうつ病対策」講演会
日時 3月18日(火曜日)14時から16時
場所 八王子労政会館
実施機関 南多摩保健所、町田保健所、八王子市保健所
問い合わせ先 南多摩保健所企画調整課  TEL:042-371-7661

3 FM西東京(ラジオ)「保健所コーナー」で自殺総合対策について放送
日時 3月18日(火曜日)13時から13時30分
実施機関 多摩小平保健所
問い合わせ先 多摩小平保健所企画調整課 TEL:042-450-3111

自殺防止に関連したイベント情報(区市町村)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 保健政策部 保健政策課 自殺総合対策担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る