このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

沿革・教育理念・教育目標

板橋看護専門学校の歴史

本校の歴史は、明治初期に、急増する窮民を収容保護する為に創設された養育院において、傷病者増加に伴い看護婦の需要が生じたことから、明治29年(1896年)に看護婦養成を開始し、明治32年(1899年)に看護婦養成所認可を得たところから始まります。
その後、時代の変遷を経て、昭和46年(1971年)4月に「東京都立高等看護学院(3年課程)」を開校、昭和51年(1976年)の学校教育法の一部改正に基づき専修学校となり、校名も現在の「都立板橋看護専門学校」となった、長い歴史と伝統に培われた学校です。

教育理念

本校は、東京都が運営する看護師養成機関として、都内にある保健・医療・福祉施設等において、長期間にわたり、活躍できる質の高い看護師養成を責務とする。
専門職業人であることを自覚し、コミュニケーション能力に優れ、看護の対象である人間への深い理解と共感を持つことができ、安全で対象個々にあった看護を実践する看護師を育成する。

校舎と桜

教育目標

1.生命の尊厳と高い倫理観を持つ豊かな人間性を養う。
2.看護の対象である人間を、生活者として総合的に捉え個々が持つ健康上の課題を理
  解できる能力を養う。
3.人々の健康上の課題を解決するために、対象者の個別性を踏まえ科学的根拠に基
  づいた看護を実践する基礎的能力を養う。
4.保健・医療・福祉における、看護職の役割を認識し、チーム医療に貢献できる能力を
  養う。
5.看護への探究心をもち、専門職業人として学習し続ける能力を養う。

お問い合わせ

このページの担当は 板橋看護専門学校 教務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。