このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都立板橋看護専門学校

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都立板橋看護専門学校 の中の 学校紹介 の中の 看護師国家試験対策 のページです。

本文ここから

看護師国家試験対策

板橋看護専門学校では、平成24年度から3年連続で、看護師国家試験に卒業生全員が合格し、過去5年間の合格率が98.7%と全国平均を上回る高い実績をあげています。
学生一人ひとりの努力の賜物であるとともに、当校で行っている充実した国家試験対策の成果でもあると考えています。
ここでは、当校で実施している国家試験対策について紹介します。

 
受験年度 24年 25年 26年 27年 28年
当校合格率 100% 100% 100% 98.7% 94.8%
全国平均 94.1% 95.2% 95.5% 89.4% 88.5%

チューター制

「チューター」とは、個人指導の教師という意味があります。当校では、10年前から国家試験全員合格を目指すためチューター制を導入し、学生個々の状況に応じた学習支援や精神的な支えとしての役割も担っています。

臨床講義・臨床学習

臨床講義
東京都健康長寿医療センターの医師による臨床講義

臨床講義
講義終了後、講師とも和気あいあいと

国家試験対策は、知識だけの習得では不十分です。知識とともに臨地実習での体験を通して、学習内容を定着させ、強化することが必要です。そこで、当校では、臨床講義実践活動外学習を行っています。
臨床講義は、学生が臨地実習先の医師又はエキスパートナースから直接、受け持ち患者に関連する病態などの説明を受けます。
実践活動外学習は、臨地実習で疑問に思ったことやレベルアップしたい技術などを実習中に学内へ戻りグループで討議します。実習で学んだ知識をさらに文献等で学習したり、プレテストやポストテストなど実習内容と関連した学習を行うようにしています。

補講(夏季・冬季)

補講は、夏季及び冬季の長期休業中に行う、3年生全員を対象とした特別学習です。
夏季の補講では、「形態機能学」や学生が苦手としている科目を中心として学習を行っています。

強化学習(夏季・冬季)

強化学習は、夏季休業中や国家試験直前の1・2月に行う、3年生20名程度を対象とした特別授業です。
夏季の強化学習では、「呼吸器」や「循環器」など、主要臓器ごとの機能や構造についての学習を行っています。

3年間の学習プログラム

国家試験対策は、3年次になってから行うものではなく、当校に入学した1年次から、ステップを踏んで基礎的知識や科学的思考などを習得するものです。
当校では、下表の通り、各年次で達成すべきステップを設け、3年間を通した学習プログラムに基づいて国家試験対策を行っています。

 
3年次 全体のレベルアップ
成績低迷者の個別指導
臨地実習による知識の統合と強化
2年次 疾病の成り立ちと回復促進の確実な知識の習得
各看護学の基本知識の確実な習得
 
1年次 人体の構造と機能の確実な知識の習得
基礎看護技術の基本知識の確実な習得
学習習慣の修得

お問い合わせ

このページの担当は 板橋看護専門学校 教務係 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る