このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都市場衛生検査所

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都市場衛生検査所 の中の 百貝万魚 市場の水産物情報 の中の 東京都市場衛生検査所長通知による指導対象の魚介類 のページです。

本文ここから

東京都市場衛生検査所長通知による指導対象の魚介類

バラハタ(ハタ科)

バラハタ

 
毒成分 シガテラ毒
特徴 尾びれは三日月状で後縁は黄色。体色は通常橙赤色だが、黒っぽい個体もある(別名:アズキガンモ)。体側に縁取りされた小桃斑が散在する。
大きさ 全長80センチ程度
分布 南日本、南太平洋、インド洋、紅海のサンゴ礁に分布。
措置 販売自粛するよう指導

オジロバラハタ(ハタ科)

オジロバラハタ

 
毒成分 シガテラ毒
特徴 尾びれは、三日月状で後縁は白色。
バラハタに似ているが、バラハタの幼魚は体に黒色縦帯があるが本種にはない。
大きさ 体長33センチ
分布 南日本、インド・太平洋域
措置 販売自粛をするよう指導

マダラハタ(ハタ科)

マダラハタ

 
毒成分 シガテラ毒
特徴 体色は褐色。背側に5個の濃褐色斑紋、ひれには暗褐色の斑点が密に分布する。額は平ら。
大きさ 全長60センチ程度
分布 南日本、西太平洋、インド洋、紅海、南アフリカ
措置 販売自粛するよう指導

アカマダラハタ(ハタ科)

アカマダラハタ

 
毒成分 シガテラ毒
特徴 体側全体に細かい斑点が密に(網目状)に存在。尾びれの付け根上部に黒斑がある。胸びれ全体に斑点がある。額(目の後ろ)がへこんでいる。
大きさ 体長70センチ程度
分布 琉球諸島、西太平洋、オーストラリア、紅海、インド洋
措置 販売自粛するよう指導

バラフエダイ(フエダイ科)

バラフエダイ

 
毒成分 シガテラ毒
特徴 体色は紫褐色。腹面は淡い。幼魚では体側上側の2つの乳白色斑が目立つが成魚では不明瞭となる。各ひれは暗色。両眼前部に溝が走り、その中に鼻腔がある。大型魚では犬歯が特に発達する。
大きさ 全長1メートルに達する。
分布 南日本、インド洋、太平洋
措置 販売自粛するよう指導

イッテンフエダイ(フエダイ科)

イッテンフエダイ

 
毒成分 シガテラ毒
特徴 背びれ軟条下と側線上の黒色班は小さく、体側に縦帯がない。
大きさ 体長60センチ程度
分布 琉球列島、西太平洋、インド洋
措置 販売自粛するよう指導

ヒメフエダイ(フエダイ科)

ヒメフエダイ

 
毒成分 シガテラ毒
特徴 全身は赤色だが、背びれ、尻びれ軟条部縁辺と尾びれ後線が白色であるのが特徴。幼魚は青い。
大きさ 全長50センチ程度
分布 鹿児島以南。西太平洋、インド洋、紅海
措置 販売自粛するよう指導

イトヒキフエダイ(フエダイ科)

イトヒキフエダイ(幼魚)
幼魚

イトヒキフエダイ(成魚)
成魚

 
毒成分 シガテラ毒
特徴 幼魚の体色は鮮紅色で8から9条の青色の縦線があるが、成長と共に縦線は消失する。
大きさ 体長1メートル程度
分布 琉球列島から西部太平洋
措置 販売自粛するよう指導

ムネアカクチビ(フエフキダイ科)

ムネアカクチビ

 
毒成分 シガテラ毒
特徴 体色は淡褐色。腹面は淡い。胸びれ基部に赤色斑。岩礁やサンゴ礁域に生息する。
大きさ 体長70センチ程度
分布 琉球列島、インド洋、紅海
措置 販売自粛するよう指導

キツネフエフキ(フエフキダイ科)

キツネフエフキ

 
毒成分 シガテラ毒
特徴 体色は青緑色。腹面は淡い。構内は鮮紅色。岩礁域に生息。吻は著しく突出している。
大きさ 体長1メートル程度
分布 鹿児島県以南。西部太平洋、インド洋、紅海
措置 販売自粛するよう指導

カスミアジ(アジ科)(体長30cm以上のもの)

カスミアジ

 
毒成分 シガテラ毒
特徴 体高が高く、体色は淡緑色である。成魚は黒色斑点が散布。若魚の胸鰭は鮮黄色。
大きさ 全長50センチ程度
分布 伊豆諸島、琉球列島、太平洋、インド洋
措置 大型魚(30センチ以上)について、販売自粛するよう指導

ギンガメアジ(アジ科)(体長30センチ以上のもの)

ギンガメアジ

 
毒成分 シガテラ毒
特徴 えら蓋上端にはっきりとした黒斑がある。口は比較的大きく、眼の中心より後方に位置する。胸ひれは黄色ではない。
大きさ 全長60センチ程度
分布 インド洋、太平洋熱帯部、台湾に分布。内湾やサンゴ礁
措置 大型魚(30センチ以上)について、販売自粛するよう指導

ドクウツボ(ウツボ科)

ドクウツボ

 
毒成分 シガテラ毒
特徴 体色は褐色。不規則な黒斑が3、4列あるが成長と共に不明瞭になる。えら穴は黒い。
大きさ 全長1.8メートルの大型種
分布 琉球列島、西・中部太平洋、インド洋
措置 販売自粛するよう指導

サザナミハギ(ニザダイ科)

サザナミハギ

 
毒成分 シガテラ毒
特徴 体色は暗緑色。成魚の体の前半には小斑点が散布。後半部と背びれ、しりびれには細い縦帯が多数ある。
大きさ 体長20センチ程度
分布 南日本、西・中部太平洋、インド洋
措置 販売自粛するよう指導

ソウシハギ(カワハギ科)

ソウシハギ

 
毒成分 消化管や内臓にパリトキシンを持つ
特徴 尾びれは長く、後端が丸い。
体側に黒斑と青い波状紋がある。
大きさ 成魚は体長70センチを超える。
分布 相模湾以南、全世界の熱帯海域で沿岸部に分布。
措置 販売自粛するよう指導

オオメマトウダイ(オオメマトウダイ科)

 
毒成分 ワックスエステル
特徴 体色は灰褐色から黒褐色。体は長卵形で強く側偏。
眼は大きく、頭長の約半分。口は大きく斜位。背鰭基部は体のほぼ中央にある。尾鰭後端は丸い。
腹部に2列の骨質板がある。
大きさ 体長30センチ
分布 金華山沖。北太平洋、オーストラリア、南アフリカに分布
措置 加工用として使用するよう指導

ボウシュウボラ(フジツガイ科)

ボウシュウボラ

 
毒成分 中腸腺にテトロドトキシンを持つことがある。
特徴 殻は大きく太い螺肋と縦張肋がある。
厚い樹皮状の殻皮をかぶる。軟体部は豹のような班がある。
殻口に褐色斑がある。
大きさ 殻長25センチ前後となる。
分布 千葉以南の太平洋岸。
措置 中腸腺を含む内蔵を除去して販売するよう指導。

お問い合わせ

このページの担当は 市場衛生検査所 管理課 業務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る