このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都児童相談センター・児童相談所

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都児童相談センター・児童相談所 の中の 相談案内 の中の 子供の権利擁護専門相談事業 のページです。

本文ここから

子供の権利擁護専門相談事業

話してみなよ 東京子供ネット 電話番号は フリーダイヤル0120-874-374 月曜日から金曜日までは午前9時から午後9時分まで 土曜日・日曜日・祝日は午前9時から午後5時まで ただし、12月29日から1月3日を除きます。携帯電話からも相談できます。  メッセージダイヤル 電話番号はフリーダイヤル0120-874-376、吹込み専用は0120-874-378、24時間受け付けています。携帯電話からも利用できます。

子供の権利擁護専門相談事業とは・・・

 「いじめ」「体罰」「虐待」などから子供の権利を守るため、東京都児童相談センターが事務局となり、平成16年度から実施しています。「子供の権利擁護電話相談員」や「子供の権利擁護専門員」が、公正中立な第三者的立場として、子供自身からの訴えを受け止めるほか、家族や近隣の方などからのご相談にも対応します。
 常に子供の立場に立って相談に応じるだけでなく、いろいろな相談機関とも協力しながら活動します。

(相談者等のプライバシーに配慮して、事例内容は省略しております。)

話してみなよ-東京子供ネット-

 子供たちのための相談窓口です。いじめ、体罰、虐待といった権利侵害を受けたときや、それに気づいたとき、あるいは、そのことでお悩みのときはご相談ください。
 電話相談員が助言等を行うとともに、権利侵害の状況等によっては、必要に応じて権利擁護専門員による面接相談(要予約)等に引き継ぎます。
 権利擁護専門員は、面接相談に応じるほか、事実関係の調査を行いながら、関係機関への助言・調整活動等を通じて、子供の権利を守るための問題解決を図っていきます。権利擁護専門員には、弁護士や福祉関係者などがなっています。

メッセージダイヤル

 24時間、子供たちが声や意見などを自由に入れられるメッセージダイヤルも設置しています。吹き込まれたメッセージは、編集し、再び電話で聞くこともできます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 児童相談センター 事業課 事業担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る