このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

毛染めによる皮膚障害について

毛染めは年代や性別を問わず一般に広く行われていますが、皮膚障害を引き起こすことがあります。
その多くは接触皮膚炎で、原因はヘアカラーリング剤です。
ヘアカラーリング剤の中で、最も広く使用されている酸化染毛剤は、他のヘアカラーリング剤と比べてアレルギーを引き起こしやすく、使用の際には注意が必要です。
これまでに毛染めで異常を感じたことのない人でも、継続的に毛染めを行ううちにアレルギーになることがあります。
理容師及び美容師は、酸化染毛剤やアレルギーの特性、対応策等についての知識を身につけ、毛染めによる皮膚障害について、利用者への情報提供を行ってください。
また、施術前には、当日の肌の健康状態等を聞き取りし、酸化染毛剤を使用しても支障がないか十分に確認してください。
酸化染毛剤を用いた施術が適さない場合には、酸化染毛剤を使用しないでください。

生活文化局

(東京くらしWEB)ヘアカラーリングでのアレルギーを防ぐために!

厚生労働省通知

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全部 環境保健衛生課 指導担当 です。

本文ここまで

以下 奥付けです。