このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 福祉保健局について の中の 組織・業務案内 の中の 保健政策部 の中の 保健政策課 の中の 保健政策課からのお知らせ の中の 東京都公衆衛生医師募集案内(FAQ よく寄せられる質問) のページです。

本文ここから
組織・業務案内

東京都公衆衛生医師募集案内(FAQ よく寄せられる質問)

Q 非常勤医師は募集していますか?

A 検診業務等の非常勤医師については、各保健所に直接お問い合わせ下さい。

Q 東京都で働く公衆衛生医師の人数は?

A 平成29年4月1日現在、東京都・特別区・中核市・政令市保健所合わせて129名です。
  東京都福祉保健局では、特別区・中核市・政令市保健所との協力関係のもと、これらの医師の人事管理を一括して行っています。

都区市保健所医師数 平成29年4月1日現在
 
42
特別区・中核市・
政令市保健所
87
129

Q 勤務先にはどのようなところがありますか?

A 勤務先は東京都内全域にわたります。

1 東京都庁内 福祉保健局組織一覧
2 東京都保健所(島しょ保健所を含む) 東京都保健所一覧
3 特別区保健所等 特別区保健所一覧
4 中核市・政令市保健所 中核市・政令市保健所・保健センター一覧

Q 勤務先によって、業務内容は違いますか?

A 公衆衛生医師の業務は多岐にわたり、又各自治体ごとに組織や事業内容も異なりますので、配属先により業務内容も異なります。さまざまな業務内容を経験していくことは、公衆衛生医師として必要な幅広い知識と視野を獲得するために、非常に重要であると考えています。

Q 勤務地の希望は聞いてもらえますか?

A 通勤要件等はできる限り考慮しますが、勤務先については業務内容・欠員状況等により決定します。
 また、2年から3年ごとに異動があります。

Q 男女比はどのくらいですか?

A 平成29年4月1日現在、男性48名(37%)、女性81名(63%)です。
 採用・昇進など人事面において男女差はなく、女性の保健衛生主管部長・ 保健所長の割合も高いです。

Q 専門分野について、有利・不利はありますか?

A 東京都の場合、公衆衛生学教室出身の医師は少なく、臨床時の専門分野についても、ほぼすべての診療科にわたっています。専門分野についての有利・不利はありません。
  公衆衛生医師には、医学に関する幅広い知識が求められますが、業務に必要な知識については、採用後、研修などにより獲得可能です。
  また、どの診療科が専門であっても、臨床で培った経験・人脈等が役に立つ場合があります。

Q 現在勤務されている医師の出身大学は?

A 出身大学は53大学と多岐にわたっています。

Q アルバイトはできますか?

A アルバイトは地方公務員法により、全面的に禁止されています。
 アルバイトを行っていたことが判明した場合には、停職や減給等の処分の対象になります。

Q 地方出身者ですが、採用に不利になりますか?

A 全国各地出身の医師が勤務しています。
 職員住宅はほとんど空きがない状況です。
 (入居にあたっては、年齢・収入等の一定の条件があります。)
このため、ご自身で民間住宅を借りるなどしていただく必要があります。
 住居手当は、35歳未満の職員で一定の条件を満たした方に月額15,000円が支給されます。

お問い合わせ

このページの担当は 保健政策部 保健政策課 管理担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る