このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 福祉保健局について の中の 組織・業務案内 の中の 少子社会対策部 の中の 計画課 の中の 計画課からのお知らせ の中の 「子供の生活実態調査」結果の概要<中間のまとめ>について のページです。

本文ここから
組織・業務案内

「子供の生活実態調査」結果の概要<中間のまとめ>について

 東京都では、今後の子供・子育て支援施策の参考とするため、子供と子育て家庭の生活状況などに関する「子供の生活実態調査」を実施いたしました。
 このたび、調査結果の概要(中間のまとめ)を取りまとめましたので、公表いたします。

調査の概要

小中高校生等調査

(1)調査対象
  都内の4自治体(墨田区・豊島区・調布市・日野市)に在住の小学5年生、中学2年生、16-17歳* の子供本人とその保護者
  (*高校2年生及び高校に在籍していない同年齢の子供を含む)
(2)調査対象数
  19,929世帯
(3)抽出方法
  住民基本台帳により、対象年齢層の者すべてを抽出
(4)調査方法
  郵送法(一部ウェブ回答)
(5)有効回答数
  子  供 8,367票 (有効回答率42.0%)
  保護者 8,429票 (有効回答率42.3%)
(6)調査期間 
  平成28年8月5日から9月7日まで
(7)主な調査項目
  子供の就学状況、学習状況、生活状況、保護者の就業状況、子供との関わり方など

若者(青少年)調査

(1)調査対象
  都内の3自治体(新宿区・足立区・八王子市)に在住の15歳から23歳までの若者(青少年)*本人とその保護者
   (*平成28年4月1日から平成29年3月31日の間に16~23歳になる者)
(2)調査対象数
  2,200世帯
(3)抽出方法
  住民基本台帳による層化二段無作為抽出
(4)調査方法
  訪問留置訪問回収法
(5)有効回答数
  若  者 1,056票 (有効回答率48.0%)
  保護者 1,022票 (有効回答率46.5%)
(6)調査期間
  平成28年5月14日から6月13日まで
(7)主な調査項目
  子供の就学・就業状況、生活状況、保護者の就業状況、公的支援の利用状況など

調査結果の概要

小中高校生等調査

若者(青少年)調査

その他

 本調査は、首都大学東京(都市教養学部人文・社会系 阿部彩研究室)と連携して実施しております。

お問い合わせ先

福祉保健局少子社会対策部計画課
 電話 03-5320-4200

首都大学東京 都市教養学部人文・社会系 阿部彩研究室
 電話 042‐677‐2123

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 少子社会対策部 計画課 計画担当 です。

本文ここまで

以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る