このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都立北療育医療センター城北分園

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都立北療育医療センター城北分園 の中の 城北分園の紹介 のページです。

本文ここから

城北分園の紹介

施設概要

 昭和45年7月、主として東京都区東北部地域における児童福祉法に基づく「肢体不自由児通園施設」及び医療法の適用を受ける「診療所」として設置されました。
 平成24年4月からは、児童福祉法に基づく「医療型児童発達支援センター」と、障害者自立支援法(平成25年4月から「障害者総合支援法」)に基づく「生活介護事業所」として運営しています。
 足立区には、大学病院や公立病院がなく、城北分園の障害児(者)医療と療育に対する期待が大きくなっています。
 なお、建物の老朽化に伴う建て替えにより、平成25年4月から新しい建物で運営しています。

外観
外観

組織・職員

 分園長(医師)・次長(事務)、と4つの係(庶務係・医療係・通園係・通所係)からなります。
 職種は医師、看護師、保育士、PT(理学療法士)、OT(作業療法士)、ST(言語聴覚士)、心理指導員、児童指導員、MSW(医療ケースワーカー)、薬剤師、栄養士、調理員、事務で構成されています。

北療育医療センター運営の基本理念

1. 障害児者の生命を尊重し、最善の医療と療育の提供に努めます

2. 障害児者の人権、生活、欲求を尊重し、本人の尊厳や利益が損なわれないように、利用者の立場をよく理解します

3. 障害児者が一般市民としての生活が送れるように、社会参加の機会保証を積極的に援助します

4. 障害児者の考えや行動を柔軟に受け止め、共感し、共に向上できる職員であることに努めます

5. 障害児者の家族の良き相談相手になるとともに、良き協力者になります

お問い合わせ

このページの担当は 北療育医療センター 城北分園 庶務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る