このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 環境・衛生 の中の 動物愛護 の中の 動物由来感染症調査 の中の 学校飼育動物における動物由来感染症起因菌等保有状況調査 のページです。

本文ここから
環境・衛生

学校飼育動物における動物由来感染症起因菌等保有状況調査

1.調査の概要

 都内の多くの小学校等でウサギなどが飼育されているが、その病原菌保有状況等は不明であり、これらを通じた児童への感染が懸念される。そこで、都内の小学校、幼稚園及び保育園で飼育されている動物のふん便、飼育施設の拭き取り等を検体として、その動物由来感染症起因菌等保有状況を調査した。

2.調査結果(別表参照)

 平成11年度から平成12年度にかけて187検体、平成15年度から平成16年度にかけて203検体について調査を行った。
 陽性検体が検出された小学校等については、動物の取扱い及び消毒清掃方法などの指導を行った。
 児童、教師から健康被害は報告されていない。

学校飼育動物における動物由来感染症起因菌等保有状況調査結果(平成11年度から平成12年度まで)
  全体 種別
げっ歯類等 鳥類 は虫類 反芻類
検体数 187 108 65 9 2 2 1
陽性検体数 0 0 0 0 0 0 0
検査項目 サルモネラ 0 0 0 0 0 0 0
腸管出血性大腸菌O157 0 0 0 0 0 0 0
黄色ブドウ球菌 0 0 0 0 0 0 0
カンピロバクター 0 0 0 0 0 0 0
Q熱コクシエラ 0 0 0 0 0 0 0
クラミジア 0 0 0 0 0 0 0
リステリア 0 0 0 0 0 0 0
エルシニア・エンテロコリチカ 0 0 0 0 0 0 0
エルシニア・シュードツベルクローシス 0 0 0 0 0 0 0
学校飼育動物における動物由来感染症起因菌等保有状況調査結果(平成15年度から平成16年度まで)
  全体 種別
げっ歯類等 鳥類 は虫類(カメ)
ふん便 施設の
ふき取り
ふん便 施設の
ふき取り
その他 飼育水 甲羅の
ふき取り
総検体数 203 61 17 35 4 2 48 36
陽性検体数 8 0 0 1 0 0 4 3
検査項目 サルモネラ 7 0 0 0 0 0 4 3
黄色ブドウ球菌 1 0 0 1 0 0 0 0
カンピロバクター 0 - - 0 0 0 - -
Q熱コクシエラ 0 0 0 0 0 0 0 0
クラミジア 0 0 0 0 0 0 0 0
クリプトコッカス 0 - - 0 0 0 - -

備考1:Q熱コクシエラについては平成11年度は実施していない。
備考2:その他は屋外飼養施設の池水を検査したものである。

検査項目の解説

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全部 環境保健衛生課 動物管理担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る