このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 環境・衛生 の中の 動物愛護 の中の 動物由来感染症調査 の中の 動物取扱業飼養動物における動物由来感染症起因菌等保有状況調査1 のページです。

本文ここから
環境・衛生

動物取扱業飼養動物における動物由来感染症起因菌等保有状況調査1

1.調査の概要

 東京都は、平成13年度から平成18年度まで、動物取扱業(主に販売業)で飼養している動物について、ふん便を検体として動物由来感染症起因菌等の保有状況調査を実施した。

2.調査結果(別表参照)

 平成13年度から平成18年度の6年間に、販売業を中心とした計200施設の動物取扱業における調査を行った。
 病原体等が検出された場合は、動物取扱業者へ動物の適切な治療を行うこと、動物を触った後の手洗い・うがいの実施、施設の清掃など衛生管理の指導を実施した。

表 平成13年度検査数及び陽性検体数
  全体 種別
鳥類
総検体数 107 45 33 29
陽性検体数 14 3 3 8
検査項目 サルモネラ 0 0 0 0
腸管出血性大腸菌O157 0 0 0 0
黄色ブドウ球菌 1 1 0 0
カンピロバクター 11 2 2 7
Q熱コクシエラ 0 0 0 0
クラミジア 3 0 1 2
回虫 0 0 0 -
トキソプラズマ 0 - 0 -
クリプトコッカス 0 - - 0
リステリア 0 0 0 0
エルシニア・エンテロコリチカ 0 0 0 0
エルシニア・シュードツベルクローシス 0 0 0 0
表 平成14年度検査数及び陽性検体数
  全体 種別
鳥類
総検体数 91 34 24 33
陽性検体数 5 1 2 2
検査項目 サルモネラ 0 0 0 0
腸管出血性大腸菌O157 0 0 0 0
黄色ブドウ球菌 0 0 0 0
カンピロバクター 1 0 0 1
Q熱コクシエラ 0 0 0 0
クラミジア 1 0 0 1
回虫 3 1 2 0
トキソプラズマ 0 - 0 -
クリプトコッカス 0 - - 0
リステリア 0 0 0 0
エルシニア・エンテロコリチカ 0 0 0 0
エルシニア・シュードツベルクローシス 0 0 0 0
表 平成15年度検査数及び陽性検体数
  全体 種別
鳥類
総検体数 95 36 24 35
陽性検体数 11 3 2 6
検査項目 サルモネラ 0 0 0 0
黄色ブドウ球菌 3 2 1 0
カンピロバクター 4 - - 4
Q熱コクシエラ 0 0 0 0
クラミジア 3 0 1 2
回虫 1 1 0 -
トキソプラズマ 0 - 0 -
エキノコックス 0 0 - -
クリプトコッカス 1 - - 1
表 平成16年度検査数及び陽性検体数
  全体 種別
鳥類 げっ歯類等
総検体数 118 36 31 32 19
陽性検体数 1 0 0 1 0
検査項目 サルモネラ 0 0 0 0 0
カンピロバクター 0 0 0 0 0
Q熱コクシエラ 0 0 0 0 0
クラミジア 1 0 0 1 0
回虫 0 0 0 0 -
トキソプラズマ 0 - 0 - -
エキノコックス 0 0 - - -
クリプトコッカス 0 - - 0 -
表 平成17年度検査数及び陽性検体数
  全体 種別
鳥類 げっ歯類等
検体数 171 70 44 35 22
陽性検体数 35 20 13 1 1
検査項目 サルモネラ 0 0 0 0 0
病原性大腸菌 23 14 8 0 1
黄色ブドウ球菌 1 0 0 1 0
カンピロバクター 4 1 2 1 0
Q熱コクシエラ 0 0 0 0 0
クラミジア 0 0 0 0 0
ジアルジア 8 7 1 - -
回虫 4 0 4 - -
トキソプラズマ 0 - 0 - -
エキノコックス 0 0 - - -
クリプトコッカス 0 - - 0 -
表 平成18年度検査数及び陽性検体数
  全体 種別
鳥類 げっ歯類等 は虫類
総検体数 164 75 17 17 20 35
陽性検体数 13 5 0 0 1 7
検査項目 サルモネラ 8 0 0 0 1 7
病原性大腸菌 4 4 0 0 0 0
黄色ブドウ球菌 0 0 0 0 0 0
カンピロバクター 1 1 0 0 0 0
Q熱コクシエラ 0 0 0 0 0 0
クラミジア 1 0 0 0 0 1
ジアルジア 1 1 0 - - -
回虫 0 0 0 - - -
トキソプラズマ 0 - 0 - - -
エキノコックス 0 0 - - - -
クリプトコッカス 0 - - 0 - -

備考1:1つの検体から複数の病原体が検出される場合があるので、陽性検体数と検査項目の合計は一致しない。
備考2:-は検査対象外であることを表す。
備考3:検出されたジアルジアは確定診断の結果、人に感染しない遺伝子型であることを確認した。

検査項目の解説

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全部 環境保健衛生課 動物管理担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る