このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 環境・衛生 の中の 動物愛護 の中の 読み物・パンフレットなど の中の 動物愛護普及啓発ビデオ のページです。

本文ここから
環境・衛生

動物愛護普及啓発ビデオ

普及啓発ビデオのリスト

普及啓発ビデオのリスト
題名  作成年度
時間
概要
ドクターがやってきた 平成元年度
約19分
友達ができず、小学校へ行くことができなくなってしまった少年が「ドクター」と呼ばれる犬と出会い、自分で世話をして犬と心を通わせることにより、他人を信じ、責任を持つことの大切さに気付き、自立していきます。この姿を描くことにより、動物を飼うことで得られる喜びと、飼主の責任を訴えるものです。
不幸な命をうみださないために 平成2年度
約15分
子犬が箱に入れられて捨てられている現場を目撃したレポーターが、ペット問題の現状を調査していきます。子犬、子猫が捨てられている原因はどこにあるのでしょうか。深い考えもなく、子犬・子猫を産ませ、もらい手がなくて困る飼い主。
このようなことを未然に防ぐために、動物の不妊・去勢手術の必要性を訴えるものです。
愛犬のしつけ 平成3年度
約15分
飼い主による苦情、咬傷事故の多くは、犬を正しくしつけることによって防ぐことができます。
しつけのできていない犬と正しくしつけられた犬を示し、どの様なしつけをしたら良いか具体例をあげて説明し、人間社会において犬が人と共存するためには、飼い犬に対する正しいしつけが必要であることを訴えます。
犬は身近な友だち 平成4年度
約15分
社会の一員として、人と密接に係わり、彼らでなくてはできない重要な役割を果たしている動物たちがいます。その動物たちが、老人ホーム等の施設で人々とふれあう様子やふれあった人物の喜ぶ様子を映像化し、また、その効果等についての関係者の話を紹介することにより、人と動物とのかかわり合いについて考え、自分のペットや身近な動物たちについても関心と理解を深めるよう普及啓発を行います。
知っていますか?人獣共通感染症を・・・ 平成5年度
約15分
子犬を飼いはじめたばかりの女性を主人公とし、この女性が人畜共通感染症についての知識を「動物博士」(合成アニメーションを用いた登場人物)から教わったり、自分で調べたりする過程を通じて、動物との生活のために必要な病気予防の3原則や健康管理について訴えます。
どうぶつとおともだちになろう 平成6年度
約20分
都会の子供たちは動物とふれあう機会が少なく、動物との正しい接し方を知りません。若い女性と犬・猫のぬいぐるみが主人公となり、幼児にとって身近かな例を挙げて、動物の習性を簡単に説明すると共に、動物との正しい接し方や危害防止の方法について学んでもらう内容です。
あなたにそれができますか? 平成7年度
約15分
犬・猫を飼うということは、家族が増えることと同様です。飼い主には、義務や責任が生じますが、それを認識していない飼い方が原因となったトラブルが、保健所をはじめとした行政に寄せられています。これらのトラブルを防止し、模範的な飼い主を育成していく内容です。
うちの犬、わがままなんです 平成8年度
約15分
犬に関して保健所等の行政機関に寄せられる苦情の多くが、飼い主のしつけの必要性に対する無理解や、「しつけ方」の失敗に端を発しているのが現状です。そこで、犬の問題行動の具体例と、犬の行動学に基づいた正しいしつけの方法を示すことで、犬の本能、習性等を理解した模範的な飼い主を育成し、犬についてのトラブルを防止します。
猫とあなたの楽しい生活-家の中で猫を飼うためには- 平成9年度
約17分
「猫を家の中だけで飼うのは無理だ」という人がいるが、外に出た猫は交通事故やウイルス感染など多くの危険にさらされています。また、飼い主の知らないところで他人に迷惑をかけていることもあります。こういった問題を解決し、猫にとっても人にとっても楽しい生活を送るための飼い方としての「屋内飼育」-家の中で猫を飼うこと-について解説します。

普及啓発ビデオ貸出窓口

○動物愛護相談センター本所
 世田谷区八幡山2-9-11
 電話番号 03-3302-3567

○動物愛護相談センター多摩支所
 日野市石田1-192-33
 電話番号 042-581-7435

○動物愛護相談センター城南島出張所
 大田区城南島3-2-1
 電話番号 03-3790-0861

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全部 環境保健衛生課 動物管理担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る