このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

ツツガムシ

 ツツガムシは野外にいるダニでつつが虫病を媒介します。
 つつが虫病は、病原体(リケッチア)をもったツツガムシの幼虫に刺されることで感染します。
 ツツガムシの幼虫は野ねずみなどに寄生し、野山、河川敷などにいます。

つつが虫病の症状

 38℃を超える熱が比較的長く続きます。
 全身がだるく、頭痛や関節痛があります。
 リンパ節がはれて痛むことが多くあります。
 ツツガムシ特有の「刺し口」(写真)があります。

予防

 野山、河川敷などでは肌の露出を避けましょう。
 また、地面に直接寝転んだり、腰をおろしたりすることはやめましょう。
 肌の露出をしているところは忌避剤(虫除け)をつけましょう。忌避剤はツツガムシの忌避を効能としているものを選び、添付されている説明書の注意書きに従って使いましょう。
 野山などに行った後はすぐ着替え、衣類は洗濯します。また、入浴し吸着したダニを洗い流します。

治療

 つつが虫病には有効な治療薬があります。
 野山などに行った後でつつが虫病に思い当たる症状があったら、すぐに医師の診察を受けてください。

 
【写真】 ツツガムシ(幼虫)体長0.3~0.7ミリメートル うすい赤色

 
【写真】 ツツガムシ(幼虫)の刺し口

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全部 環境保健衛生課 指導担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。