このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 環境・衛生 の中の 環境・衛生施策 の中の 住環境 の中の 室内環境保健対策 の中の シックハウスFAQ の中の 3 どうやって室内空気を測定するのですか のページです。

本文ここから
環境・衛生

3 どうやって室内空気を測定するのですか

 厚生労働省の測定マニュアルでは、室内空気の採取方法について入居前と入居後の2種類を示しています。

入居前(建物からどんな化学物質がどのくらい揮発しているかを知るための方法)

1 30分換気して室内の化学物質を追い出します。
2 5時間以上閉めきって室内に化学物質が揮発した状態にします。 
3 原則30分間で空気を採取します。

入居後(生活している人がどんな空気を吸っているかを知るための方法)

普通の生活状態(調理、入浴、換気など)のまま、24時間の空気を採取する。

 測定は、採取した空気を精度の高い装置で分析します。したがって、現場で数値がわかる機種での測定結果は、正確な数値ではなかったり、目的以外の化学物質の影響を受けていることがあります。

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全部 環境保健衛生課 調査担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る