このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 環境・衛生 の中の 環境・衛生施策 の中の 住環境 の中の 室内環境保健対策 の中の シックハウスFAQ の中の 14 換気以外に化学物質を減らす方法はありませんか のページです。

本文ここから
環境・衛生

14 換気以外に化学物質を減らす方法はありませんか

 室内空気中に含まれる化学物質への取組は、健康影響の実態を解明したり化学物質を減らす方法を考えたりと、いろいろな研究や開発が進められています。また、私たち自身だけでなく子どもの将来にも不安を残す問題でもあり、多くの人が関心を持っています。

 室内で発生した化学物質を吸着したり分解して減らすための製品(化学物質低減化製品)がいろいろと売り出されています。しかし、これらの製品は、どの程度の効果があるのか、また、その効果がどのくらい続くのかなどを示す公的な規格規準がありません。なかには“アトピービジネス”のように、化学物質の怖さ強調して健康不安を煽り、製品を販売している状況も見受けられます。

 化学物質の少ない生活には、設計やリフォーム時などに配慮すること(発生源対策)と、適切な換気(低減化対策)を行うことが重要です。低減化製品の利用方法としては、発生源がはっきりしている場所や、押入や家具の内部など換気が困難な場所、あるいは寝室など使用時に換気ができない(寝ているから)ときなど、換気対策を補う手段と考えるのが良いでしょう。
また、「製品を買ったから安心」と大切な換気を止めてしまうことも心配です。

イラスト 化学物質低減化製品

イラスト 換気をしましょう

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全部 環境保健衛生課 調査担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る