このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

ホルムアルデヒドの毒性

ホルムアルデヒドの毒性は?
A:
        
急性中毒症状としては、ホルムアルデヒドガスの吸入により、眼・鼻・呼吸器が刺激され、くしゃみ、咳、よだれ、涙が出ます。                    

高濃度になると呼吸困難・肺浮腫などを発生することもあります。

慢性毒性中毒症状としては、吸入又は接触により結膜炎・鼻咽喉炎・頑固な皮膚炎を起こすことが知られています。                                        

皮膚接触では、刺激性皮膚炎を起こします。

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全部 薬務課 監視指導担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。