このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 健康・安全 の中の 医薬品の安全 の中の 家庭用品の安全 の中の くらしの安全シリーズ「殺虫剤正しく使って安全な暮らし」 のページです。

本文ここから
健康・安全

くらしの安全シリーズ「殺虫剤正しく使って安全な暮らし」

1 買うときに、ちょっと気をつけること

図 イラスト(買い物中のイラスト)

  • 退治する害虫にいちばん適した成分、使う場所に最適のタイプ(剤型)のものを選びましょう。
  • わからないことがあったら、まよわず薬剤師など専門家に相談しましょう。
  • 必要以上に買いすぎないようにしましょう。

2 使うときに、ちょっと気をつけること

図 イラスト(人やペットにむけないよう子供に話す父のイラスト)

  • 乳幼児・老人・病人やペットのいるところでむやみに使用するのは大変危険です。虫に対して害のあるものですから、人間等に対しても害がでることがあります。
  • 口や眼に入らないように、皮膚につかないように、粒剤やガスを吸い込まないように気を付けましょう。
  • 引火性のものは火気に注意しましょう。
  • 使いすぎに注意しましょう。

3 保管するときに、ちょっと気をつけること

図 イラスト(子供がタンスの上の洗浄剤に手を伸ばすイラスト)

  • 子供の手の届かない所に保管しましょう。(ペットなどからも離して保管しましょう。)
  • コップ・ジュースビンなどの飲食容器には移し替えないように しましょう。誤飲など事故のもととなります。
  • 直射日光や火気を避け、高温にならない所に保管しましょう。

4 捨てるときに、ちょっと気をつけること

図 イラスト(分別を勧めるイラスト)

  • 内容物は、むやみに捨てないようにしましょう。
  • 捨てるときは、分別して捨てましょう

5 誤飲したりしたときのためにおぼえておこう

応急手当 あわてず適切に

1 殺虫剤をまちがって飲んだ
吐かせてよい場合と、吐かせていけない場合があるので、すぐに医師に診てもらう

2 ゴキブリ用「ホウ酸だんご」を食べた
口の中のものを取り出し、口をすすぎ医師に診てもらう

3 蚊取り用マットをなめた、蚊取り線香をかじった
口の中に残っているものを取り出し、口をすすがせる
(赤ちゃんの場合は、ガーゼや脱脂綿で口の中をふいてあげる)

4 殺虫剤が眼に入った
すぐに蛇口に水、やかんの水のような流水で少なくとも15分以上洗って、眼科医に診てもらう

5 噴霧したエアゾルやガスを吸い込んだ
新鮮な空気の場所で深呼吸する

6 殺虫剤が皮膚や毛髪にかかった
すぐ石けんで洗い流す

吐かせていけない場合

  • 意識がない又はもうろうとしているとき
  • けいれんをおこしているとき
  • 飲んだ殺虫剤の溶剤が石油系のとき(殺虫剤は多い)
  • 飲んだ殺虫剤が強い酸性又はアルカリ性のとき

医師に受診するとき

適切な処置を受けるために状況を詳しく説明しましょう。

  • どうなったのか(体内に入った経緯や症状など)
  • 原因の殺虫剤はなにか(成分名、商品名)
  • その量はどれくらいか
  • どんな応急手当をしたか・・・などを告げる
  • 殺虫剤が入っていた袋、びんなどを持参する
家庭用殺虫剤の例
殺虫剤 対象害虫 剤形例(主な有効成分)
衛生害虫用 病原菌の媒介をする害虫
ハエ、蚊、ゴキブリ、ノミ、ダニなど
燻煙剤
蚊取り線香{ピレスロイド系}
蚊取りマット{有機リン系}
ダニ用シート
エアゾール剤
ホウ酸ダンゴ{ホウ酸}
不快害虫用 人に不快感を与える害虫
シロアリ、イガ、カツオブリムシ 、ナメクジ、 アリなど
エアゾール剤{ピレスロイド系}
シートタイプ{有機リン系}
粒剤{カーバメート系}
園芸(農業)害虫用 家庭園芸で植物に害を与える害虫
アブラムシ類、カイガラムシ類、アメリカシロヒトリなど
乳剤{ピレスロイド系}
液剤{有機リン系}
粒剤{カーバメート系}
エアゾール剤
植物の病原菌用 黒星病
うどんこ病など
乳剤{有機塩素系}
液剤{有機リン系}
{カーバメート系}
{抗生物質}

この他にもいろいろな種類の殺虫剤があります。
事故のおこらないよう安全に使いましょう。

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全部 薬務課 監視指導担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る