このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 健康・安全 の中の 医薬品の安全 の中の 危険ドラッグ対策 の中の 大臣指定薬物 のページです。

本文ここから
健康・安全

大臣指定薬物

薬事法の名称が変わりました。

平成26年11月25日から、薬事法は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(略称:医薬品医療機器等法)」に名称が変わりました。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都健康安全研究センター 医薬品医療機器等法関連のページ

大臣指定薬物

 平成28年5月27日、新たに4物質を麻薬に指定する政令(平成28年政令第232号)が公布され、同年6月26日から施行されました。麻薬に指定される4物質は、指定薬物の指定から外され、指定薬物ではなくなりました。
 報道発表資料はこちら(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000125520.html

 また、平成28年6月22日、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律に基づく大臣指定薬物が新たに6物質追加されました。(平成28年厚生労働省令第116号、薬生発0622第5号医薬・生活衛生局長通知、薬生監麻発0622第1号監視指導・麻薬対策課長)
 これらの物質を含有する製品については、省令の公布の日から起算して10日を経過した日(平成28年7月2日)からその輸入、製造、販売、所持、購入、譲受け、使用等が規制されます。
 当該製品については、現時点ではお香や観賞用等で使用されていることが確認されていないことから、事実上人体への摂取を目的としており、平成28年7月1日までの間は、その使用目的に係る標榜ぶり如何に関わらず、無承認医薬品としての指導取締りの対象となります。
 従って、平成28年7月1日までの間であっても、これらの物質を含有する製品の製造、輸入、販売、販売目的の貯蔵、陳列、広告は医薬品医療機器等法第55条第2項、医薬品医療機器等法第68条の規定に抵触するため行うことができません。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全部 薬務課 監視指導担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

危険ドラッグ対策

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る