このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 健康・安全 の中の 医薬品の安全 の中の 一般用医薬品の販売制度 の中の 【薬局・薬店向け】一般用医薬品の特定販売(インターネット販売)について のページです。

本文ここから
健康・安全

【薬局・薬店向け】一般用医薬品の特定販売(インターネット販売)について

このページでは、一般用医薬品の特定販売(インターネット販売)について概要を解説しています。

このページに記載のない事項につきましては、薬局、店舗販売業を管轄する各保健所にお問い合わせください。

関係法令、通知等は厚生労働省ホームページでご確認ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省 医薬品の販売制度(別ウィンドウで開きます)

インターネットによる一般用医薬品販売(特定販売)の基本的ルール

一般用医薬品のインターネット販売は、
許可を受けた薬局・薬店(店舗販売業)しか行うことができません。
実際の店舗に貯蔵・陳列している製品しか販売できません。
インターネット販売を行う際は、保健所へ事前の届出が必要です。

一般用医薬品販売制度の概要図

インターネット販売用ホームページの整備について

ホームページ掲載事項

実店舗の写真、製品陳列の状況、勤務している専門家の氏名など、必要な事項をホームページに掲載しなければなりません。

薬局・薬店の管理・運営関係
1 実店舗の写真
2 許可区分(薬局又は店舗販売業)
3 許可証の記載事項(開設者氏名、店舗名、所在地、所轄自治体等)
4 薬局・店舗の管理者氏名
5 当該店舗に勤務する薬剤師・登録販売者の別、氏名、担当業務等
6 現在勤務中の薬剤師・登録販売者の別、氏名
7 取り扱う一般用医薬品の区分
8 勤務者の名札等による区別に関する説明
9 注文のみの受付時間がある場合にはその時間
10 店舗の開店時間とネットの販売時間が異なる場合は、それぞれの時間帯
11 通常相談時及び緊急時の連絡先
要指導医薬品・一般用医薬品の販売制度関係
1 要指導・第1類から第3類の定義及び解説
2

要指導・第1類から第3類の表示や情報提供に関する解説

3 指定第2類の販売サイト上の表示等の解説及び禁忌の確認・専門家への相談を促す表示
4 一般用医薬品の販売サイト上の表示の解説
5 要指導医薬品・一般用医薬品の陳列の解説
6 副作用被害救済制度の解説
7 販売記録作成に当たっての個人情報利用目的
医薬品の表示関係
1 店舗での陳列の状況が分かる写真を表示
2 リスク区分別の表示方法を確保
3 サイト内検索の結果を、各医薬品のリスク区分についてわかりやすく表示すること
4 医薬品の使用期限

ホームページアドレスの公開について

販売を行うホームページのアドレス(URL)は、厚生労働省のホームページに掲載されます。
ホームページが開設されたあと、当ページからもリンクする予定です。

レビュー、口コミ、レコメンドの禁止について

購入者による医薬品に関するレビューや口コミは禁止です。
(医薬品の効能・効果に関すること以外の事項を除きます。)

過去の医薬品購入履歴等に基づき、自動的に特定製品の購入の勧誘をすること(レコメンド)は禁止です。

インターネット販売が可能な一般用医薬品について

インターネットで販売が可能な、一般用医薬品には、副作用等の発生危険性等に応じリスク区分がされています。
一般用医薬品のリスク区分により、対応する専門家が異なります。

インターネット販売可能な一般用医薬品
リスク区分 第1類医薬品 指定第2類医薬品 第2類医薬品 第3類医薬品
リスク程度の説明 特にリスクのが高い医薬品

リスクが比較的高い医薬品
(第2類医薬品のうち、特に注意を要するもの)

リスクが比較的高い医薬品 リスクが比較的低い医薬品
対応する専門家 薬剤師 薬剤師又は登録販売者 薬剤師又は登録販売者 薬剤師又は登録販売者
販売時の情報提供 義務 努力義務 努力義務 努力義務

要指導医薬品(ダイレクトOTC、スイッチ直後品目、毒薬、劇薬)及び医療用医薬品のインターネット販売はできません。

一般用医薬品の情報提供について

専門家(薬剤師・登録販売者)が購入者の状況に応じた適切な情報提供を行います。

1 使用者の状態等の確認

インターネットによる購入の図

購入希望者から、年齢、性別、症状等、適切な情報提供に必要な事項を確認してください。

注文フォームによる、使用者の状態確認の例

【○×薬局ホームページ】 
○×風邪薬(第○類医薬品)注文フォーム
性別:男性□ 女性□
年齢:○歳
・・・
他に服用している医薬品、健康食品等: 
その他気になる事項等:

使用者の状態等の確認事項の例
性別、年齢
症状
副作用歴の有無やその内容
医療機関の受診の有無やその内容
妊娠の有無、授乳中であるか否か
その他気になる事項

2 使用者の状態に応じた個別の情報提供等

ネット販売に対応する専門家の絵

薬局、店舗にいる専門家から、使用者個々の状態に応じた情報提供を実施します。
自動返信メールは情報提供にあたりません。

専門家から購入者へのメールによる情報提供例

●●様
○×風邪薬は、1日3回、食後にお飲みください。このお薬を3日間以上服用しても症状が改善されない場合は、他の原因が考えられますので、下記連絡先にご相談いただくか、医療機関を受診してください。・・・その他、疑問点がございましたらご連絡ください。
上記内容を理解し、追加の質問がないようでしたら、その旨をご連絡ください。(ご連絡を頂いてから発送します。)
●×薬局 薬剤師 △△△△(電話番号○○○-○○○○)

使用者の状態に応じた個別の情報提供事項の例
用法、用量

服用上の留意点(飲み方や、長期に使用しないことなど)

服用後注意すべき事項(○○が現れた場合は使用を中止し、相談することなど)
再質問の有無

3 提供された情報を理解した旨等の連絡

購入者からの返信の絵

購入者から、情報提供した内容を理解したことを確認した後、医薬品の発送を行ってください。

メール返信の例

○×薬局 様
○×風邪薬について、メールで提供された情報を理解しました。その他の疑問点はありません。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全部 薬務課 監視指導担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る