このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 健康・安全 の中の 医薬品の安全 の中の 後発医薬品(ジェネリック医薬品)をご存知ですか? のページです。

本文ここから
健康・安全

後発医薬品(ジェネリック医薬品)をご存知ですか?

後発医薬品とは何ですか?

お医者さんでもらうお薬には、「先発医薬品」と「後発医薬品」の二種類があります。
先発医薬品は、最初に発売されたお薬で、新薬とも呼ばれています。
後発医薬品は、先発医薬品の再審査期間や特許期間(20から25年間)終了後に発売されるもので、同じ成分、同じ効き目の薬で、ジェネリック 医薬品とも呼ばれています。

図 後発医薬品とは

後発医薬品は安心なのですか?

後発医薬品は、先発医薬品と同様に様々な基準を守って製造されています。
後発医薬品の品質・有効性・安全性については、厚生労働省で審査されております。
服用にあたってご心配なことがあれば、お医者さん、薬剤師さんにご相談してみてください。

後発医薬品はなぜ安いの?

後発医薬品は、研究開発費が少なくてすむため、値段が安いことが特徴です。

後発医薬品にはどんなものがあるの?

高血圧、糖尿病、高脂血症の治療薬や抗生物質、抗がん剤、抗アレルギー剤など数多くあります。
しかし、お薬の種類によっては後発医薬品がない場合もあります。

後発医薬品はどうすれば処方してもらえるの?

医療用医薬品はお医者さんの処方せんが必要です。
厚生労働省では平成20年4月から、後発医薬品の使用促進を図るため、処方せんの様式を変更しました。
後発医薬品への変更が全て不可の場合は、お医者さんが、処方せんの備考欄に署名(又は記名・押印)することになりました。ここに、お医者さんの署名がない場合は、患者さんが先発医薬品、後発医薬品のどちらでも選べるようになりました。 

図 新しい処方せんの様式

この処方せんを保険薬局に持って行ったら

薬剤師さんと話し合って、先発医薬品と後発医薬品について、それぞれの特徴や価格などの説明をうけましょう。
そのうえで、患者さんは薬剤師さんの説明を参考に、自分に合ったお薬を選択できます。
ただし、後発医薬品がないお薬があったり、お医者さんの治療方針で後発医薬品を使わない場合もありますので、ご留意ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。後発医薬品に関する厚生労働省ホームページへのリンク

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全部 薬務課 薬務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る