このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

特定給食施設が行う届出・報告

 このページでは、東京都の多摩地域(八王子市及び町田市を除く)及び島しょ地域で給食施設を運営する場合の手続き等について説明しています。給食施設の所在地が特別区、八王子市及び町田市の場合は、各区の保健所、八王子市保健所及び町田市保健所にお問合せください。

給食を開始(再開)するとき

 特定給食施設の設置者は、給食を開始又は再開した時には、ひと月以内に所轄の保健所を通じて、知事にその旨を届け出なければなりません。(健康増進法施行細則第3条第1項)

 特定給食施設等で、給食の開始をお考えの方はこちらをご覧ください。

 必要書類、記入方法、施設種類など。

 特定給食施設の役割、設置者の責務、届出など。

 必要書類は下記(1)~(3)のとおりです。

給食内容を変更するとき

 給食の内容に変更が生じた時には、その時からひと月以内に所轄の保健所を通じて知事にその旨を届け出なければなりません。(健康増進法施行細則第3条第2項)
必要書類は下記(1)のとおりです。

変更届が必要なのは、どんな時?
(1) 設置者の住所の変更
(例)法人の場合は、主たる事業所の所在地の変更など
(2) 設置者の氏名の変更
(例)法人の場合は代表者の氏名の変更など
(3) 給食施設の名称変更
(例)法人の名称や施設名の変更など
(4) 給食施設の所在地の変更
(例)住所表示の変更や住所の変更など
(5) 給食施設の種類の変更
(6) 給食の開始予定日の変更
(7) 1日の予定給食数及び各食ごとの予給食数の変更
(例)許可病床数又は定数の変更など
(8) 管理栄養士及び栄養士の員数の変更
(例)直営、委託を合わせた常勤の管理栄養士及び栄養士の員数の変更

給食を廃止(休止)したとき

 特定給食施設が、給食を廃止又は休止した時には、ひと月以内に所轄の保健所を通じて、知事にその旨を届け出なければなりません。(健康増進法施行細則第3条第2項)
必要書類は下記(1)のとおりです。

休止届が必要なのは、どんな時?
 一定期間、やむをえない理由により給食が提供できない時
(例)改築等により、一定期間外部から弁当を取る時など
※ 給食を再開する時には、給食開始届(第2号様式)が必要となります。
[注意事項]
 届出様式は、東京都の健康増進法施行細則によって定められています。改変を行った様式につきましては、受付できない場合があります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 保健政策部 健康推進課 保健栄養担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

多摩・島しょ地区の特定給食施設の方へ

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。