このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 健康・安全 の中の 健康づくり の中の 栄養・食生活について の中の 多摩・島しょ地区の特定給食施設の方へ の中の 特定給食施設とは? のページです。

本文ここから
健康・安全

特定給食施設とは?

特定給食施設とは、健康増進法では、特定かつ多数の者に対して、継続的に食事を供給する施設のうち栄養管理が必要なものとして厚生労働省令で定めるものをいう。(第20条第1項)としており、さらに健康増進法施行規則により、 法第20条第1項の厚生労働省令で定める施設は、継続的に1回100食以上又は1日250食以上の食事を供給する施設を特定給食施設としています。(第5条)

東京都では

これを受けて東京都では、
ア.給食施設の利用者がほぼ同一人と推定される。
イ.週1日以上かつ、それが1カ月以上継続している。
ウ.その給食数が1回100食以上又は1日250食以上である。

以上の条件を備えている給食施設を特定給食施設として、保健所の栄養指導員が健康増進法に基づき、必要な援助及び指導を行っています。

また、上記の条件を満たしていなくても、「特定かつ多数の者に対して、継続的に食事を供給する施設」であれば、必要に応じて特定給食施設と同様の援助及び指導を行っています。

特定給食施設の役割

特定給食は、喫食者の栄養を確保し、健康の保持・増進を図り、かつ利用者に対する栄養教育をはじめ、その家庭や地域社会の食生活改善を図るなど、その与える影響は大きく、都民の栄養改善に占める役割は非常に重要なものです。

特定給食施設の届出の義務

特定給食施設の設置者は、健康増進法施行細則第3条により、給食開始等の届出を、また第6条により給食施設の管理者は給食の報告(栄養報告)が義務づけられています。

お問い合わせ

このページの担当は 保健政策部 健康推進課 保健栄養担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

多摩・島しょ地区の特定給食施設の方へ

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る