このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

薬物乱用とは

薬物乱用とは、医薬品を医療目的からはずれて使ったり、医療目的のない薬物を不正に使ったりすることです。
どのような薬物でも乱用されるわけではありません。中枢神経系に影響を及ぼす物質の中で、依存性(注釈1)のある薬物が乱用されます。

(注釈1)依存性とは、何度でも繰り返して使用したくなる性質のこと

主な背景には、次のようなものがあります。
(1)薬物の末端価格が下がり、手に入りやすくなった。
(2)注射に代わって、気化させて吸引する使用方法が広まっている。
(3)「ダイエットに効果がある」など誤った考えが広まっている。
(4)ファッション感覚で薬物を使用している。
(5)友達からの誘いを断りきれず、仲間はずれを恐れて使用してしまう。

知ろう!防ごう!薬物乱用

政府広報オンライン「オンライン広報通信2004年1月号」に掲載されたコンテンツです。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全部 薬務課 麻薬対策担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。