このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 健康・安全 の中の 健康・安全施策 の中の 今こそストップ!薬物乱用 の中の 薬物乱用防止高校生会議 のページです。

本文ここから
健康・安全

薬物乱用防止高校生会議

薬物乱用防止高校生会議について

 東京都福祉保健局では、平成11年度から薬物乱用防止について、高校生自らが講義や施設見学等を通じて学習を深め、その成果を同世代に向けたメッセージにまとめ、広く発信していくという標記事業を実施しています。

高校生会議の目的

(1)高校生自らが薬物乱用を身近な問題としてとらえ、薬物の害悪性を理解するとともに薬物の誘惑を排除できる能力を習得する機会を設ける。
(2)参加高校生が学習した内容を広く同世代の仲間に発信していくことによって、より効果的な啓発活動を展開する。
(3)学校現場における薬物乱用防止に関する指導手法の構築を図る。

実施要領

実施状況

平成28年度 高校生会議

  平成28年度は都立足立高等学校と都立足立西高等学校の2校が選ばれ、両校の生徒27名が活動しました。本年度は、東京地方裁判所での薬物事犯の裁判傍聴、薬物捜索犬の取締訓練など警視庁本部の施設見学、元警視庁薬物捜査員や依存症治療に携わる医師からの講義受講、元薬物乱用者からの講話など、薬物乱用を取り巻く状況を実地で学習して知識を深めました。
  これらの活動の成果として、麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会において、シナリオやセリフ、映写スライドなど全てを両校の生徒で考えた「危ない誘惑!断る勇気!Stop Drug!」と題した模擬授業を発表し、同世代に向けて薬物乱用防止の強いメッセージを発信しました。さらに参加した高校生の皆さんが中心となって意見や知恵をお互いに出し合い、リーフレットの作成に取り組みました。このリーフレットは、薬物乱用が高校生にとっても身近な問題であることを強く訴えるとともに、誘惑に負けない対処方法等もわかりやすく説明し、自分はもちろん周りの人からも薬物乱用を防ぎたいという生徒の熱い思いが込められたものとなっています。

薬物乱用防止高校生会議リーフレット

平成27年度 高校生会議

 平成27年度は都立東久留米総合高等学校と都立清瀬高等学校の2校が選ばれ、両校の生徒64名が活動しました。本年度は、薬物事案の裁判を東京地方裁判所で傍聴、薬物捜索犬の取締訓練など警視庁本部の施設見学、元警視庁薬物捜査員や薬物依存症リハビリ施設の職員、弁護士からの講義受講など、薬物乱用を取り巻く状況を実地で学習して知識を深めました。
 これらの活動の成果として、麻薬・覚醒剤乱用防止運動都民大会において、東久留米総合高等学校は高校生自らが台本を作成した「薬物の依存性の恐ろしさについて」の演劇を発表し、清瀬高等学校は今回学んだことを動画にまとめ、同世代に向けて薬物乱用防止の強いメッセージを発信しました。さらに参加した高校生の皆さんが中心となって意見や知恵をお互いに出し合い、リーフレットの作成に取り組みました。このリーフレットは、薬物乱用が高校生にとっても身近な問題であることを強く訴えており、薬物乱用を防ぎたいという生徒の熱い思いが込められたものとなっています。

薬物乱用防止高校生会議リーフレット

平成26年度 高校生会議

平成26年度は都立江東商業高等学校と都立科学技術高等学校の2校が選ばれ、両校の生徒60人が活動しました。本年度は、学生自らが、現在社会問題となっている危険ドラッグについて学び、8月に実施された施設見学では、警視庁本部で薬物捜索犬の取締訓練状況を見学したり、薬物治療に携わる医師や東京都健康安全研究センターの職員から講義を受けるなど、薬物乱用防止について学習して知識を深めました。これらの活動の成果として、麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会において、江東商業高等学校と科学技術高等学校の両校は、危険ドラッグや覚醒剤、大麻など薬物の恐ろしさについてパワーポイントを用いた発表を行い、さらに「薬物にはダマされない!」という強い決意を前面に押し出したダンスパフォーマンスを行いました。さらに、参加した高校生の皆さんが中心となって意見や知恵をお互いに出し合い、リーフレットの作成にも取り組みました。このリーフレットは、若者の間で乱用拡大が懸念されている危険ドラッグの危険性を取り上げています。

薬物乱用防止高校生会議リーフレット

平成25年度 高校生会議

平成25年度は都立第一商業高等学校と都立芝商業高等学校の2校が選ばれ、両校の生徒15人が活動しました。本年度は、警視庁本部の施設見学を行い、警察犬(薬物捜索犬)の取締訓練状況を見学したり、元警視庁薬物捜査員や薬物依存症リハビリ施設の職員からの講義を受けるなど、薬物乱用防止について学習し、知識を深めました。これらの活動の成果として、麻薬・覚醒剤乱用防止運動都民大会において、第一商業高等学校は「薬物のない社会作りをしよう」と題して、薬物依存症に対する取組について発表し、芝商業高等学校は「ヒトとクスリ」と題して、薬物の危険性について発表しました。さらに、参加した高校生の皆さんが中心となって意見や知恵をお互いに出し合い、リーフレットの作成にも取り組みました。このリーフレットは、薬物乱用を防ぎたいという生徒の熱い思いがこめられたものとなっています。

薬物乱用防止高校生会議リーフレット

平成24年度 高校生会議

平成24年度は都立第四商業高等学校と都立武蔵丘高等学校の2校が選ばれ、両校の生徒27人が活動しました。本年度は、警視庁本部と東京地方裁判所の施設見学を行い、元警視庁薬物捜査員からの講義や薬物事犯に関する裁判傍聴等を通じて、薬物乱用の実態について知識を深めました。これらの活動の成果として、麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会において両校合作の演劇「身近に潜む負の連鎖」を発表したほか、リーフレットを作成するなどして、同世代に向けて薬物乱用防止を強く訴えました。

薬物乱用防止高校生会議リーフレット

平成23年度 高校生会議

平成23年度は都立町田総合高等学校都立山崎高等学校の2校が選ばれ、両校の生徒20名が活動しました。本年度は、警察犬の訓練見学や元麻薬取締官からの講義を通じ、薬物事犯の傾向や取締状況について知識を深めました。また、高校生自ら作り上げた演劇「絆~立ち直る事の難しさと勇気」を麻薬・覚せい剤乱用防止運動都民大会で発表したほか、リーフレットを作成するなどし、同世代に薬物乱用防止を強く訴えかけました。

薬物乱用防止高校生会議リーフレット

平成22年度 高校生会議

 都立墨田川高等学校と都立本所高等学校の生徒15名が参加し、麻薬取締犬の訓練見学及び警視庁本部の施設見学、薬物依存症回復者の方による講演等を通し薬物乱用問題について知識を深めました。これらの経験を通して学んだ成果として、両校合同で作り上げた寸劇を麻薬覚せい剤乱用防止大会で発表したほか、同世代の仲間に向けたリーフレットにまとめ、都内全高校に配布しました。

平成22度高校生会議リーフレット 平成22年度版表紙

平成21年度 高校生会議

都立豊多摩高等学校と都立杉並総合高等学校の生徒14名が参加し、講義や施設見学、薬物依存症回復者の方による講演を通して薬物乱用問題について知識を深めました。
学習成果は、それぞれ寸劇形式、紙芝居形式により麻薬・覚せい剤乱用防止運動都民大会で発表したほか、同世代の仲間に向けたメッセージとしてリーフレットにまとめ、都内全高校に配布しました。

平成21年度高校生会議リーフレット

高校生会議の開催経緯

1 薬物乱用の状況

現在の薬物乱用状況は、覚醒剤事犯の検挙者数が昭和29年に最高5万5千人を記録した第一次覚醒剤乱用期、昭和59年に最高2万4千人を記録した第二次覚醒剤乱用期に続く、第三次覚醒剤乱用期です。
平成9年に2万人に迫る検挙者数という事態に直面したことから、平成10年に警察庁が第三次覚醒剤乱用期突入を発表しました。
第三次覚醒剤乱用期の特徴は、覚醒剤の乱用が、暴力団関係者やその周辺の一部に限らず、普通の学生・生徒や一般市民の日常生活の間近に忍び寄る傾向が一段と鮮明に現れ、特に中学生・高校生が乱用するといった、これまでにない状況をもたらし、薬物乱用の低年齢化が進行していることです。
さらに現在、新たに乱用者となった青少年が仲間内で乱用を勧めたり、自らの薬物を購入する資金を得るため末端の密売に荷担するなどして新たな乱用者を拡大する乱用者層の増殖という深刻な事態が起こりつつあります。

2 少年を取り巻く社会環境の変化

薬物乱用が少年の間に増加した要因としては、インターネットや携帯電話の普及等により容易に薬物に関する情報収集ができるようになったことが挙げられます。

3 青少年の安易な乱用傾向

薬物を乱用するきっかけは、薬物に対する好奇心や仲間意識といった軽い気持ちから安易に乱用しているケースです。そして、覚醒剤にダイエット効果があるなどと誤った認識で乱用したり、覚醒剤を「S」、「スピード」などと呼んでファッション感覚で乱用したりする傾向が見られます。また、従来一般的に行われていた注射器を使用した静脈注射によらずに、あぶった蒸気を吸引したり、液体状のものをジュースに混ぜるなどしたり簡便な方法を用いていることです。

4 規範意識の低下

また、薬物乱用について「他人に迷惑をかけていないので使うかどうかは個人の自由である」「薬物は本人の考えにまかせればいい」と考える生徒の割合は年齢が上がるほど高くなっており、高学年になるほど規範意識の低下が見られます。
これらのことから、薬物に対する警戒感や抵抗感、さらに罪悪感が希薄化しています。

5 薬物に起因する犯罪

しかし、薬物乱用の弊害が個人の自由の問題に止まらないのは、凶悪な犯罪や社会的な悲劇につながることが多い点です。自分が狙われているといった被害妄想によりその場に居合わせた人に襲いかかるといった犯罪や薬物購入資金を得るための様々な犯罪が引き起こされています。さらに、家庭内暴力等により家庭を崩壊させ、またその収益が暴力団等犯罪組織の資金源となるなど、健全な社会生活に深刻な脅威となります。

6 薬物の依存性

さらに、薬物乱用の恐ろしいところは、薬物のもつ依存性です。止めたいと思っても自分の意志でやめられなくなり、健全な心と体の成長が妨げられてしまい、乱用を開始した年齢で心の成長が止まってしまうことです。

7 薬物乱用防止高校生会議

このような状況から、薬物乱用防止高校生会議は、薬物乱用の現状と問題点について正しい認識を持った上で、高校生が自ら薬物乱用防止について考え、これをメッセージとしてまとめて同世代に向けたアピールを行う、高校生による高校生のための薬物乱用防止活動です。 この薬物乱用防止高校生会議が、学校の薬物乱用防止に関する指導の参考になれば幸いです。

薬物乱用についての相談機関

薬物乱用について相談機関のホームページへのリンク集です。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全部 薬務課 麻薬対策担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る