このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

調理師免許申請(新規)

調理師養成施設を卒業された方又は調理師試験に合格された方が申請できます。

申請先

東京都内にお住まいの方(住民票の住所地が都内の方)

お住まいの地区を所管する保健所(保健所所在地一覧表をご覧ください。)

東京都外にお住まいの方(住民票の住所地が都外の方)

お住まいの道府県庁の担当課へお問い合わせください。

【注意】
東京都内に居住されている方であっても、住民票上の住所地が他道府県の場合(転出入の届出を行っていない場合)、東京都では申請できません。
東京都での申請を希望される場合は、転出入の届出を行った後、申請してください。

受付時間

月曜日から金曜日まで(祝日、12月29日から1月3日を除く。)
午前9時から午後5時まで
※詳しくは、各申請先にお問い合わせください。

お問い合わせ先

各申請先(保健所所在地一覧表

必要書類等

1 調理師免許申請書

※窓口にも備え付けがございます。

2 次の(1)、(2) いずれかの書類

(1) 次の(ア)及び(イ)の書類
 (ア) 調理師養成施設の卒業証明書(原本)又は卒業証書の写し(コピー)
    ※卒業証書の写しの場合は、卒業証書(原本)も併せて持参してください。
 (イ) 調理師養成施設の履修証明書(原本)
    ※昭和55年3月以前の卒業者は、(イ)の書類は不要

(2) 調理師試験合格証書(原本)又は合格通知書(原本)

3 本籍(国籍)等を確認する書類

(1) 日本国籍の方の場合
 住民票又は戸籍抄(謄)本(6か月以内に発行されたもの。コピー不可)
 ※住民票を取得する際は、以下の点に注意してください。
  ・本籍地が表示されているもの
  ・個人番号(マイナンバー)が省略されているもの
 ※申請に必要な書類と現在の氏名が異なる場合は、変更の履歴が確認できる戸籍抄(謄)本が必要です(戸籍抄(謄)本だけでは変更の履歴が確認できない場合は、併せて除籍証明その他の証明書の提出が必要です。)。

(2) 外国籍の方の場合
 住民票(6か月以内に発行されたもの。コピー不可)
 ※国籍が表示されているもの
 ※個人番号(マイナンバー)が省略されているもの
 ※在留資格が短期滞在等で、住民票が交付されない場合は、旅券その他の身分を証する書類の写し

4 医師の診断書(3か月以内に発行されたもの)

 ※麻薬、あへん、大麻及び覚せい剤の中毒者であるかないかを診断したもの(健康診断書ではありません。)
 ※診断書の様式は任意です。診断書に記載が必要な項目は、以下の「医師の診断書(参考様式)」をご参照ください。

※こちらの様式をダウンロードしてお使いいただけます。

5 手数料 5,600 円(現金)

備考

  • 代理人による申請、受領は可

 ※上記の必要書類等に加えて委任状、代理人の本人確認書類(運転免許証や健康保険証等)が必要です。

※こちらの様式をダウンロードしてお使いいただけます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全部 健康安全課 試験・免許担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。