このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

調理師業務従事者届について

平成30年は届出の年です!「調理師業務従事者届」を提出しましょう!

 都内で調理業務に従事している方は、平成31年1月1日から同年1月15日までに「調理師業務従事者届」を提出してください。
 ※届出用紙は、現在準備中です。
  平成30年11月頃から、都内の各保健所で配布するほか、このページからも届出用紙がダウンロード可能です。

1 調理師業務従事者届とは

 近年、食生活における外食依存の傾向が強まっており、飲食店などにおいて調理の業務に従事する調理師の皆様が国民の食生活に果たす役割はますます重要になっています。
 このため、調理師法では、調理師有資格者の現状を把握し、調理師の資質向上を目的とする各種事業を円滑に実施するため、飲食店や給食施設などで調理業務に従事している調理師の方に、2年ごとに12月31日現在の従事場所を就業地の都道府県に届け出ることを義務付けています。(調理師法第5条の2)

2 東京都に届出が必要な方

平成30年12月31日現在、次の要件全てに該当する方
 ・調理師免許をお持ちの方(調理師免許証の交付を受けている方)
 ・東京都内の施設に勤務されている方(パート・アルバイトを含みます。)
 ・調理業務に従事している方(学校等で教職に就いている等の方は対象外です。)

3 届出期間

平成31年1月1日から同年1月15日まで(当日消印有効)
※平成30年12月31日現在の状況を届け出てください。

4 届出用紙・届出方法

届出用紙

 現在、準備中です。
 平成30年11月頃から、都内各保健所で配布します。(都内の保健所一覧はこちらをご覧ください。)
 平成30年11月頃から、このページから届出用紙がダウンロード可能です。
 

届出方法

  届出用紙に必要事項をご記入の上、82円切手を貼って郵送してください。

5 調理師業務従事者届Q&A

Q1 届出義務がある方は?

A1 届出の年の12月31日現在、次の要件全てに該当する方です。
 ・調理師免許をお持ちの方(調理師免許証の交付を受けている方)
 ・東京都内の施設(飲食店営業、魚介類販売業、そうざい製造業、給食施設等の施設)に勤務されている方(パート・アルバイトを含みます。)
 ・調理業務に従事している方(学校等で教職に就いている等の方は対象外です。)  

Q2 届出先は?

A2 調理業務に従事している施設(店舗等)のある都道府県です。
   都内の施設でお勤めの方は、ご自身の住所地に関わらず東京都です。
   都内在住で、他道府県の施設でお勤めの方は、勤務先所在地の道府県です。(詳しくは、該当する道府県の衛生主管課へお問い合わせください。)。

Q3 届出をしないと罰則がありますか?

A3 届出をしない場合に処罰されることはありませんが、調理師法に規定された義務条項ですので、届出にご協力をお願いします。

Q4 2年前に届け出たので、今回は届け出なくても良いですか?

A4 2年前に一度届け出ている方も、2年ごとに届け出る必要があります。

Q5 届出に関する問い合わせ先は?

A5 都内の施設でお勤めの方は、東京都福祉保健局健康安全部健康安全課試験・免許担当(電話:03-5320-4358(直通))までお問い合わせください。他道府県の施設でお勤めの方は、各道府県の衛生主管課にお問い合わせください。

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全部 健康安全課 試験・免許担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。