イキイキしたまいにちを応援!とうきょう健康ステーション
TOPに戻る主な生活習慣病の発症・重症化予防生活習慣の改善ライフステージを通じた健康づくりと健康を支える社会環境の整備東京都健康推進プラン21

たんぱく質

  たんぱく質は細胞の主要な構成成分となっており、エネルギー源としても利用されます。

たんぱく質の食事摂取基準(推定平均必要量、推奨量、目安量:g/日、目標量(中央値):%エネルギー)
性別 男性 女性
年齢 推定平均必要量 推奨量 目安量 目標量 注釈1(中央値 注釈2) 推定平均必要量 推奨量 目安量 目標量 注釈1(中央値 注釈2)
0~5(月)※ - - 10 - - - 10 -
6~8(月)※ - - 15 - - - 15 -
9~11(月)※ - - 25 - - - 25 -
1~ 2歳 15 20 - 13~20(16.5) 15 20 - 13~20(16.5)
3~ 5歳 20 25 - 13~20(16.5) 20 25 - 13~20(16.5)
6~ 7歳 25 35 - 13~20(16.5) 25 30 - 13~20(16.5)
8~ 9歳 35 40 - 13~20(16.5) 30 40 - 13~20(16.5)
10~11歳 40 50 - 13~20(16.5) 40 50 - 13~20(16.5)
12~14歳 50 60 - 13~20(16.5) 45 55 - 13~20(16.5)
15~17歳 50 65 - 13~20(16.5) 45 55 - 13~20(16.5)
18~29歳 50 60 - 13~20(16.5) 40 50 - 13~20(16.5)
30~49歳 50 60 - 13~20(16.5) 40 50 - 13~20(16.5)
50~69歳 50 60 - 13~20(16.5) 40 50 - 13~20(16.5)
70歳以上 50 60 - 13~20(16.5) 40 50 - 13~20(16.5)
妊婦(付加量) 初期         +0 +0 - -
中期         +5 +5 - -
末期         +20 +25 - -
授乳婦(付加量)         +15 +20 - -

※  乳児の目安量は、母乳栄養児の値である。

注釈1 範囲については、おおむねの値を示したものである。

注釈2 中央値は、範囲の中央値を示したものであり、最も望ましい値を示すものではない。

お問い合わせ

このページの担当は 保健政策部 健康推進課 保健栄養担当 です。

このページのトップに戻る