イキイキしたまいにちを応援!とうきょう健康ステーション
TOPに戻る主な生活習慣病の発症・重症化予防生活習慣の改善ライフステージを通じた健康づくりと健康を支える社会環境の整備東京都健康推進プラン21
HOME > 栄養・食生活(食生活を改善しましょう!) > 東京都外食料理の栄養成分表示活用サイト  >  美味しい健康づくり!?外食料理栄養成分表示の活用

美味しい健康づくり!?外食料理栄養成分表示の活用

外食料理栄養成分表示とは?

飲食店等で、メニュー、ウィンドウサンプル、チラシ、パンフレット、ランチョンマットなどに商品(料理)の1人前または100グラム当たりのエネルギーや食塩をはじめとする栄養成分量を表示すること

図 表示例(けんちんうどん)

東京は、全国の自治体の中でも飲食店の件数や種類が多く、日本の料理のみならず世界各国の味を楽しむことができます。また、都市型の生活習慣に対応して、深夜まであるいは24時間営業を行っている飲食店もあります。
このような状況の下、都民の外食利用率は全国に比べても高く、また栄養の偏りなどにより、肥満や生活習慣病になる人が増える恐れが心配されています。

グラフ 昼食の外食率年次推移

飲食店のメニューに表示された、料理のエネルギー、食塩などの栄養成分量を、あなたはご覧になったことがありますか。最近では、お客様の健康を考えたサービスの一環として栄養成分表示を行う飲食店が増えてきています。
あなたも栄養成分表示を参考にお食事を考えてみませんか。

お問い合わせ

このページの担当は 保健政策部 健康推進課 保健栄養担当 です。

このページのトップに戻る