イキイキしたまいにちを応援!とうきょう健康ステーション
TOPに戻る主な生活習慣病の発症・重症化予防生活習慣の改善ライフステージを通じた健康づくりと健康を支える社会環境の整備東京都健康推進プラン21
HOME > 栄養・食生活(食生活を改善しましょう!) > お店の方は、栄養成分表示をしましょう!「外食栄養成分表示支援サイト」 >  東京都における外食料理栄養成分表示ガイドライン(平成15年3月作成)

東京都における外食料理栄養成分表示ガイドライン(平成15年3月作成)

利用頻度の高いメニューから、できればすべてのメニューに表示を!

1. 栄養成分表示の定義 

エネルギー及び栄養成分量を、メニュー等に表示する又は利用者の求めに応じてパンフレットなどにより提示できることを明示する 

2. 表示の対象となる栄養成分 

日本食品標準成分表に収載されているエネルギー及び栄養成分
ただし、名称は、一般的に使用されている通称を用いてもよい
表示要望の多い栄養成分、たとえばエネルギー・食塩・脂肪を表示する 

3.表示に使用する単位 

日本食品標準成分表に使用されている単位を使用する
脂肪は、脂肪エネルギー比率(※)を併記することが望ましい 
※摂取エネルギーに占める脂肪からのエネルギーの割合 

4.栄養価の算定方法 

化学分析又は原材料の食品の可食部量をもとに、1食分、1人前の量について日本食品標準成分表により計算する 

5.表示方法 

見やすいところに、できるだけ分かりやすく表示する 

6.正確な表示 

表示をする者の責任において、正確に表示する 

外食料理とは、外食と惣菜(弁当、おにぎり、煮物等の市販の調理済み食品)を含む

お問い合わせ

このページの担当は 保健政策部 健康推進課 保健栄養担当 です。

このページのトップに戻る