イキイキしたまいにちを応援!とうきょう健康ステーション
TOPに戻る主な生活習慣病の発症・重症化予防生活習慣の改善ライフステージを通じた健康づくりと健康を支える社会環境の整備東京都健康推進プラン21

乳がん

1 乳がんとは?

 乳房には乳腺がたくさんあり、乳がんはこの乳腺にできる悪性腫瘍(悪性のできもの)です。約90%は乳管(母乳の通り道となる管)から発生する「乳管がん」で、約5%が小葉(母乳を作る場所)から発生する「小葉がん」です。他に特殊な乳がんとして、乳頭のただれを起こす「パジェット病」などがあります。
  乳がんは、高齢になるほど増加する他のがんとは異なり、45歳から50歳代の比較的若い世代に多いことが特徴で、近年急増しています。
  乳がんが乳管や小葉の中にとどまっている状態を「非浸潤がん」と呼び、この段階であれば転移や再発する危険はほとんどありません。一方、がん細胞が乳管や小葉を越えて周りの組織に広がったものを「浸潤がん」と呼び、転移や再発の危険性を伴います。しこりとして触れる乳がんの多くは「浸潤がん」です。

 

2 乳がんのリスクファクター(危険因子)

 乳がんの発生に深く関わっているのが、女性ホルモンのエストロゲンです。
 具体的な危険因子としては、
 (1)初潮が早い、閉経が遅い
 (2)初産年齢が高い又は出産経験がない・授乳経験がない
 (3)閉経後の肥満
 (4)家族(特に母・姉妹・娘)に乳がんになった人がいる
 (5)本人が以前に乳がんになったことがある
 があげられます。しかし、現在、乳がん患者で、家族に乳がん患者がひとりもいないというケースもよくあります。家族に乳がん患者がいなくても安心できる要因ではありません。

3 乳がんの予防法

 40歳から、2年に1回マンモグラフィによる乳がん検診を受け、早期発見することが大切です。
  また、マンモグラフィ検診に加えて、月1回の自己触診の習慣をつけましょう。乳房のしこりは自己触診でも見つけられることがあります。自己触診でしこりを触れた場合は、医療機関を受診しましょう。
 自己触診は乳房の張りの少ない月経終了後に行いましょう。閉経後など月経のない方は、毎月1回自己触診の日を決めて行いましょう。
ベッドに横になり乳房の下のほうも十分に触り、また、お風呂で座った姿勢で身体を洗いながら行うのも手軽です。触る方の腕を上げ、もう片方の手の親指以外の4本の指をそろえてふくらみのある部分を十分に触ってください。その時に乳房を指で強くつまんだりしないようにしてください。最後に、乳首を軽くつまんで血のような分泌物が出てこないかを確認してみましょう。また、鏡を見て、乳房のひきつれやくぼみなどの変化がないかも確認しましょう。毎月触ることで、小さな変化には気づきやすいはずです。
  その他自分でできることとしては、過度の飲酒を避けること、閉経後の肥満に気をつけることです。

 

4 乳がん検診の意義

 乳がん検診では、問診、乳房エックス線検査を行います。
 「乳がん=しこり」と思われていますが、転移・再発の危険のない「非浸潤がん」はしこりとして触れません。非浸潤がんで見つかれば10年生存率(診断から10年後に生存している割合)はほぼ100%、「しこりが2cm以下でリンパ節転移のないもの」と定義される早期がんでは10年生存率は約90%です。
  非浸潤がんの発見には、乳房をはさみ込んでエックス線撮影する「マンモグラフィ」による検診が重要です。

 

5 乳がん検診受診時の注意点

 検診では、初潮年齢、最終月経、出産・授乳歴、閉経後の人は閉経年齢、家族内に乳がんの人がいるかをお聞きしますので、確認しておきましょう。
  マンモグラフィによる検診は乳房が張っているときには痛みを感じやすいので、月経前の張りやすい時期を避けて、月経終了後の比較的張りの少ない時期に受けるとよいでしょう。

 

お問い合わせ

このページの担当は 保健政策部 健康推進課 成人保健担当 です。

このページのトップに戻る