エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

ここから本文です。

目的・概要

 今、日本人の2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで命を落としています。しかし、定期的に検診を受けることにより、がんを早期に発見し、早期に治療すれば、治る確率は高くなります。

 東京都職域連携がん対策支援事業は、東京都が提示するがん対策取組モデルに即したがん対策の取組を実施する企業等を「取組企業」に認定し、取組企業の活動を東京都が支援することで、協力して職域におけるがん対策の取組促進を目指すものです。

 大切な従業員やその家族の健康を守るため、ぜひ東京都と一緒に活動してみませんか。

事業イメージ図

東京都職域連携がん対策支援事業について