イキイキしたまいにちを応援!とうきょう健康ステーション
TOPに戻る主な生活習慣病の発症・重症化予防生活習慣の改善ライフステージを通じた健康づくりと健康を支える社会環境の整備東京都健康推進プラン21

子宮頸がん検診

子宮頸がんとは

 子宮がんは、主にがんができる場所によって「子宮頸がん」と「子宮体がん」の2種類があります。

 子宮イラスト 子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因となって発生することがわかっています。
 HPVは主に性交渉により感染し、女性の多くが一生のうちに一度は感染するという、ごくありふれたウイルスです。感染は一時的で症状もないことが多く、自然に消えることがほとんどです。まれに子宮頸がんの原因となるHPVの感染が長期間持続すると、その一部が、数年~十数年後に子宮頸がんを発症すると考えられています。

20~30歳代にも多い子宮頸がん

子宮頸がん罹患率 20歳代の女性がかかるがんのうち、最も多いのが子宮頸がんです。子宮頸がんにかかる人は、20歳代後半から増加し、30歳代後半~40歳代が多くなります。
 それに対して、子宮体がんにかかる人は、50歳代後半が最も多くなります。

子宮頸がん検診の大切さ

  20代~30代の若い女性にとっては、がんはまだ自分には関係ない、と考える人が多いのではないでしょうか。しかし、その世代で子宮頸がんにかかる人が増えているのも事実です。
 子宮頸がんは、初期の段階ではほとんど無症状ですが、検診では、がんになる前の状態や早期のがんを発見することが可能です。初期の段階で発見して、治療すれば治すことができます。
 子宮頸がん検診は、子宮頸がんを早期発見することを目的とし、死亡率を減らすことが証明されている検診です。検査は短時間で終わります。自覚症状がなくても、20歳になったら、子宮頸がん検診を受けてください。そして、2年に1回、検診を受け続けることで、自分の大切なからだを守りましょう。

検診の内容

○問診
○視診
○内診
○細胞診
(イラストで紹介)
○子宮体がんの検査(必要に応じて医師の判断により実施されます。)

検診が受けられる場所

○お住まいの区市町村が実施する住民検診
(お住まいの区市町村がん検診担当部署にお問い合わせください。)
○職場での検診
(実施の有無については、職場にご確認ください。)
○人間ドックなど

子宮頸がんは、定期的な検診受診とワクチン接種で「予防できる」病気です

 子宮頸がん予防ワクチンは、子宮頸がんの原因の70%を占める、HPVのうちの2種類(16型、18型)に対して、感染を予防する効果があると報告されています。ワクチンはHPVの感染を予防するもので、すでに感染しているHPVを排除したり、子宮頸がんの進行を遅らせたりする効果はありません。感染する前に接種するのが最も効果的です。

※平成25年度より、本ワクチンは中学生女子を主な対象とする、予防接種法に基づく定期予防接種となっています。詳しくは、お住まいの区市町村にお問い合わせください。

ワクチン接種だけで、子宮頸がんを完全に予防できるわけではありません。子宮頸がん検診を定期的に受診して、早期発見を心がけることが大切です。

【関連リンク】

「子宮頸がんの予防(ヒトパピローマウイルスと予防ワクチン)について」
(国立がん研究センターのホームページへ)

お問い合わせ

このページの担当は 保健政策部 健康推進課 成人保健担当 です。

このページのトップに戻る