イキイキしたまいにちを応援!とうきょう健康ステーション
TOPに戻る主な生活習慣病の発症・重症化予防生活習慣の改善ライフステージを通じた健康づくりと健康を支える社会環境の整備東京都健康推進プラン21

「ピンクリボン in 東京 2009」

乳がんの早期発見と検診受診の大切さを伝える運動を展開
「ピンクリボン in 東京2009」

   東京都の女性の乳がんによる死亡率は、全国でもっとも高い状況です。乳がんは早期発見により多くが治癒します。そのため、定期的に検診を受けることが死亡率の低下につながります。
 東京都では、乳がんの死亡率低下を目指し、10月の乳がん月間に、乳がんの早期発見を啓発するピンクリボン運動を実施しました。  
1 都庁舎をピンク一色にライトアップ
◆10月1日(木曜日)~4日(日曜日) 19時?23時
ピンクリボンにちなみ、都庁第一本庁舎をピンク一色にライトアップしました。
2 都民広場等イベント「ピンクリボンin東京2009」
◆10月1日(木曜日) 17時?19時30分
【ステージイベント】

【ポストカード&ピンクリボンメッセージコーナー】
 家族や友人など、親しい人に乳がん検診の大切さを伝えるポストカードを配布し、メッセージを書いて投函していただく特設ポストを設置しました。
 また、ピンクリボンツリーにもメッセージを飾りました。
【企業、団体等による展示】
 乳がん検診の普及活動を行っている患者会や、NPO法人、検診機関、企業、自治体等18団体の協力により、啓発資料の展示や、グッズの配布等を行いました。

【乳がん検診車(マンモグラフィ検診車)の見学】
 乳がん検診についての不安や、疑問を取り除くために、マンモグラフィ検診車の見学を行いました。
3 PostPet「モモ」「モモ妹」デザインのポストカード配布
   ソネットエンタテインメント株式会社の協力により、「ピンクリボンフェスティバル」(主催:ピンクリボンフェスティバル運営委員会)の取材活動をする「モモ妹」やPostPet「モモ」をデザインした 乳がん・子宮がん検診の大切さを伝えるポストカード2種類を作成し、配布しました。
4 記念バス共通カードの発売(交通局)
   「ピンクリボンフェスティバル」(主催:ピンクリボンフェスティバル運営委員会)の大使、ハローキティーをデザインした記念バス共通カードを販売しました。
5 「ピンクリボンランチ」の提供
   都庁内職員食堂、軽食食堂、議会レストランにおいて、健康を意識したヘルシーメニューやイメージカラー(ピンク)の食材を取り入れたメニューなど 工夫を凝らしたメニューを提供しました。
 ◆職員食堂、都議会議事堂「ポールライト」10月19日(月曜日)?10月21日(水曜日)
 ◆議会レストラン「銀座ライオン」10月1日(木曜日)?10月2日(金曜日)
6 都庁前通りのピンクリボンバナーの掲出
   京王プラザホテル前から新宿中央公園までの、都庁前通りの街路灯にピンクリボン・バナーを掲出し、乳がん検診の受診を呼びかけました。
 ◆10月1日(木曜日)?10月7日(水曜日)
7 ピンクリボン電車広告ジャック
   JR中央線快速・都営地下鉄大江戸線に、乳がんの早期発見の重要性を伝えるポスターを掲出しました。
 ポスターのデザイン・キャッチコピーは、ピンクリボンフェスティバル運営委員会による、ピンクリボンデザイン大賞のポスター部門及び東京都コピー部門の最優秀作品を使用しました。
 ◆J R 中 央 線 快 速 10月2日(金曜日)?10月16日(金曜日)
 ◆都営地下鉄大江戸線 10月1日(木曜日)?10月 7日(水曜日)
8 ピンクリボンポスターの配布
   ピンクリボンデザイン大賞のポスター部門最優秀賞作品を使用したピンクリボンポスターを作成し、区市町村や関係機関、都庁周辺企業、東京メトロ各駅、郵便局等に配布・掲出しました。
9 都庁第一本庁舎1階中央スペースピンクリボンパネル展
   都庁第一本庁舎1階中央スペースにおいて、ピンクリボン関連のパネル、写真、ポスター等を展示しました。
 ◆10月19日(月曜日)?10月26日(月曜日)
10 都庁周辺のホテル・商店街等による関連事業の実施
   都庁周辺のホテル・商店街等においても、10月を中心にピンクリボン運動に関連したさまざまな取組が行われました。
【京王プラザホテル】ピンクライトアップ、オリジナルカクテル「ピンクリボン」提供等
【新宿大通商店街振興組合】ピンクリボンバナーの掲出
【小田急百貨店】ピンクライトアップ及び店頭キャンペーン実施
【特定非営利活動法人 乳房健康研究会】ピンクリボンプラザ@新宿(明治安田生命ホールにおける講習会やパネルディスカッション等)の実施

PDFファイルによる情報提供について

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
アドビ社ロゴ Adobe Readerのダウンロードへ
なお、PDFファイルによる入手が困難な場合は、下記の担当係にお問い合わせください。

お問い合わせ

このページの担当は 保健政策部 健康推進課 成人保健担当 です。

このページのトップに戻る