イキイキしたまいにちを応援!とうきょう健康ステーション
TOPに戻る主な生活習慣病の発症・重症化予防生活習慣の改善ライフステージを通じた健康づくりと健康を支える社会環境の整備東京都健康推進プラン21
HOME > 喫煙 > 飲食店の受動喫煙防止対策 > 平成20年度 飲食店の受動喫煙防止対策に関する実態調査結果

平成20年度 「飲食店の受動喫煙防止対策に関する実態調査」結果について

東京都では、今後の受動喫煙防止対策の推進に役立てることを目的として、都内の飲食店や外食チェーン等の企業を対象に、対策の実施状況や課題を把握するための実態調査を行いました。
このほど、調査結果を取りまとめましたのでお知らせします。
なお、調査結果の詳細は、報告書をご参照ください。

調査結果のポイント

飲食店調査の結果

[受動喫煙防止対策]

  • 対策をしていない飲食店が約7割
  • 対策をしているのが約2割(全面禁煙が約1割、分煙が約1割)
  • 対策をしていない理由は、「スペースや構造上効果的な分煙が難しい」が約7割

 [禁煙や分煙の表示] 

  • 対策をしている飲食店のうち、禁煙や分煙の表示をしていないのが約3割
  • そのうち、今後「使いやすいステッカーなどがあれば利用して表示したい」が約2割

[都への要望]
「条例等で一律の規制はしないでほしい」が約5割で最多

外食チェーン等の企業調査の結果

[受動喫煙防止対策の方針]

  • 方針を示している企業が約9割、そのうち「店によって分けている」が約6割
  • その理由は「店の構造、規模、立地条件、客層等により対策を決めている」が約8割

[禁煙や分煙の表示についての方針]

  • 店頭等に表示する方針を示していない企業が約5割
  • そのうち、今後「使いやすいステッカーなどがあれば利用して表示したい」が約6割

調査の概要

調査期間

平成20年12月から平成21年3月

飲食店対象の調査

○アンケート調査
[調査対象及び抽出方法]
総務省「平成18年事業所・企業統計調査」の「一般飲食店」及び「遊興飲食店」から無作為抽出した4,000店(都内全域)
[調査方法]
郵送配布留置き、郵送回収
[回収結果]
回収率37.6%(回収数1,504)
○ヒアリング調査
アンケート調査回答者のうち50店に、個別訪問により調査員が実施

企業対象の調査

○アンケート調査
[調査対象]
ホテル、百貨店、外食チェーン、フランチャイズ等の関係団体(※)の会員で、都内に
本社のある企業のうち244社
※ 調査協力関係団体
社団法人日本ホテル協会
関東百貨店協会
社団法人日本フランチャイズチェーン協会
社団法人日本フードサービス協会
[調査方法]
郵送配布留置き、郵送回収
[回収結果]
回収率44.7%(回収数109)
○ヒアリング調査
アンケート調査の回答企業のうち20社に、個別訪問により調査員が実施

「飲食店の受動喫煙防止対策に関する実態調査」

○報告書

PDFファイルによる情報提供について

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
アドビ社ロゴ Adobe Readerのダウンロードへ
なお、PDFファイルによる入手が困難な場合は、下記の担当係にお問い合わせください。

お問い合わせ

このページの担当は 保健政策部 健康推進課 健康推進担当 です。

このページのトップに戻る