イキイキしたまいにちを応援!とうきょう健康ステーション
TOPに戻る主な生活習慣病の発症・重症化予防生活習慣の改善ライフステージを通じた健康づくりと健康を支える社会環境の整備東京都健康推進プラン21
HOME > 糖尿病・メタボリックシンドローム > 東京都の取組:都民の方へ > ブルーライトアップon世界糖尿病デー

ブルーライトアップ on 世界糖尿病デー

世界糖尿病デー

 拡大を続ける糖尿病の脅威を踏まえ、国際連合は、平成19年から毎年11月14日を「世界糖尿病デー」に指定し、世界各地で糖尿病の予防、治療、療養について啓発活動を推進することとしました。
(11月14日は、「インスリン」を発見したカナダ人医師フレデリック・バンティングの誕生日です。)

ブルーサークル

 この運動のシンボルマーク「ブルーサークル」は、国連や空を表す「青(ブルー)」と団結を表す「輪(サークル)」を意味しています。

都庁舎・都立施設ブルーライトアップ

 40歳から74歳の都民の3人に1人は、糖尿病を発症しているかその予備群です。東京都は、糖尿病の正しい知識と予防の大切さを都民の皆様にアピールするため、平成20年度から、11月14日の世界糖尿病デーに合わせて、都庁第一本庁舎を糖尿病予防運動のシンボルカラーであるブルーにライトアップしています。
 また、世界糖尿病デーを含む全国糖尿病週間には、全国各地のランドマーク等でもブルーライトアップが実施されています。(実施場所は世界糖尿病デー実行委員会のホームページに掲載されています。)

平成29年度 ブルーライトアップ施設

都庁第一本庁舎、東京芸術劇場、東京ゲートブリッジ、東京ビッグサイト及び駒沢オリンピック公園にて、11月14日(火曜日)から16日(木曜日)まで

 
施設名 点灯時間 各施設のホームページ
第一本庁舎 午後6時から午後11時まで 都庁への交通案内
東京芸術劇場 日没から午後10時まで 東京芸術劇場ホームページ
東京ゲートブリッジ 日没から深夜0時まで 東京都港湾局ホームページ
東京ビッグサイト
【29年度新規】
午後5時から午後10時まで
※11月14日のみ
東京ビッグサイトホームページ
駒沢オリンピック公園
【29年度新規】
日の出から日没まで 駒沢オリンピック公園ホームページ

都庁第一本庁舎ブルーライトアップ(1) 都庁第一本庁舎ブルーライトアップ(2) 東京芸術劇場と東京ゲートブリッジ

※第一本庁舎ブルーライトアップは、全量グリーン電力を利用しています。

お問い合わせ

このページの担当は 保健政策部 健康推進課 健康推進担当 です。

このページのトップに戻る