トップページへ  前のページへ戻る

印刷用PDFファイル(145KB)

事業プロフィル(精神障害者グループホーム) (16年度試行版)

 

                                                                          

1.事業所名 :

 

2.(1)運営主体(法人名等) 

2)設置主体 

 

3.事業所所在地 :

 

4.事業所の長の氏名(施設長等) :

 

5.連絡先

Tel                               

Fax

Eメール

ホームページ

 

6.同一運営主体が同じ敷地内で連携して実施している、主な福祉・医療サービス事業を利用者数からみて上位5つ以内(例.ショートステイ、デイサービスなど、評価対象事業を含む。)

1)

2)

3)

4)

5)

 

7.同一運営主体が同じ敷地内で連携して実施している全事業のうち、今回の評価対象サービ

ス事業が占める割合

      収入面でみて      約    %

      職員数でみて      約    %(非常勤は常勤換算)

 

8.当該事業の開始時から現在までの重要な変遷

   1)開始時期          年        月

   2)重要な変遷

 

 

 

 

 

 

9.理念・方針

事業所が大切にしている考え(事業所の理念・ビジョン使命など経営・運営方針)のうち、特に重要なもの(5つ程度)を簡潔に記述

1)

2)

3)

4)

5)

 

 

10.サービス提供の考え方について記述(日々の業務の考え方、利用者ニーズに合わせた施設

  独自の取組、利用者や家族との関係、地域との関係を含む)

 

 

 

 

 

11.現在のサービス提供能力と利用者数(以下のどれかに○をつける)

1) サービスを希望しながら待っている人がかなりいる

2) ほぼサービス提供能力に見合った利用者数で、待っている人はほとんどいない(ほぼ

  定員を満たしている)

3) サービス提供能力に余力があり、希望者があれば受け入れたい

4) その他(                                         )

 

 

12.3年後の見通し(以下のどれかに○をつける)

1)利用者数の増加を見込んでサービス提供能力を拡大する計画がある

2)サービス提供能力を拡大する計画はないが、ほぼ現在のサービス提供能力に見合う利用者数は維持できると思う

3)現在の利用者数を維持するのは余程経営改善・サービス改善をしていかないとかなり難しい情勢になっているのではないかと思う

4)その他(                                          )

 

13.評価対象としているサービス事業に関して事業所として力を入れて取り組んでいる点を、人的サービス面と設備・環境面に分けて、重要な順に各3つ以内で記述

〈人的サービス面〉

1)

2)

3)

 

〈設備・環境面〉

1)

2)

3)

 

14.経営に影響を与えていると考えている事業環境の変化を記述(制度改正を含む)

 

 

 

 

 

15.評価対象としているサービス事業を維持・向上させていくためにこれから何をしていかなければならないかについて、重要な順に3つ以内で記述

(例.経営改善への職員の参画、職員の能力開発、後継者の育成、給与制度の改善、施設間交流、入浴施設の拡張など)

1)

2)

3)

 

 

 

                                                                                         

16.定員および現在の利用者

(1)定員                人

(2)新規の申込者が1年以内に利用できる可能性

(前年度の退所者数÷現在の待機者数×100)        

(3)前年度の入退所者数   入所        人

                   退所        人

                (内 短期入院等以外の再入所者数          人

主な退所理由(例:在宅に戻った、他施設へ移った、アパートなどで生活を始めた、病院への入院)

1.               (   人)

2.               (   人)

3.               (   人)

(4)平均在所期間                        年   ヶ月

(5)現在の利用者  

@     現在の利用者数                人

A     男女比         男性       / 女性      人 

B     平均年齢                          

C     手帳の取得状況 

 

1 級

2 級

3 級

な し

男  性

 

 

 

 

女  性

 

 

 

 

 

D     利用者の入所前の住所(区市町村)で多いものを上位2つ記述

  (計算式:入所者の多い区市町村から入所した利用者数÷現員数×100)

   1.         (    %)  /  2.         (    %)

 

17.職員数および職員の状況

(1)職員に求めている人材像や役割

 

 

 

(2)職員に期待すること(職員に持って欲しい使命感)

 

 

)常勤職員数                   人

非常勤職員数                   人(常勤換算     人)

  (計算式:非常勤職員のそれぞれの勤務延時間数の総数÷当該事業所の常勤職員が勤務すべき時間数)

(4)前年度採用・退職の状況

                           採用   常勤:    人  ・  非常勤:    人

                           退職   常勤:    人  ・  非常勤:    人

(5)職員の平均年齢             歳

(6)職員の男女比         男性        / 女性          %

(7)職員の平均在職年数               年(現在の事業所での在職年数とする)

(8)援助に携わっている職員(非常勤は常勤換算)1人当たりの利用者数        人

  (計算式:定員÷援助に携わっている職員数)

 

18.施設の状況

(1)居室の状況

 @ 定員に対する個室の割合        %

(計算式:個室の定員の合計÷定員×100)

 

A 定員1人当たり居室面積          u

(計算式:居室面積合計÷定員)

B 個室以外の場合の間仕切りの種類(該当にすべて○)

     1. 家具   2. カーテン  3. その他(具体的に:              )

C トイレの個数の定員に対する割合             %

(トイレの個数÷定員×100)

D お風呂の定員に対する割合             %

(お風呂の個数÷定員×100)

E 台所の定員に対する割合             %

(台所の個数÷定員×100)

 

(2)交流室の状況

@ 交流室の数                    ヵ所

A 定員1人当たりの交流室面積           u/人

(計算式:交流室面積合計÷定員)

 

(3)建物等の状況

@ 建築(含大改築)後の経過年数      年

A 構造(木造 ・ 鉄骨 ・ 鉄筋 ・ その他           )

B 建物の形態(     階建)

評価対象施設の使用階数(    階〜    階)

他施設と併設の場合  併設施設種別:                           

C 3年以内の大改築計画の有無             1.有   2.

(4)食事提供など

@ 自炊

A 食事を提供している

(    人中    人に対し、週・月    回提供)

(5)立地条件など  

@ 交通の便  

                     駅から 徒歩・バス・その他(       )で         

バス停            から 徒歩           

A 近隣の環境 (スーパー、公園等までの距離など)

(                      )

)利用料金(月額)

いずれかに○

金  額

 

月・回

 

 

月・回

 

 

月・回

 

 

(*代わりに利用料金表を添付していただいても結構です)