トップページへ  目次へ

I はじめに

II 福祉サービス提供主体の使命と経営
 1 提供主体に求められる使命
 2 提供主体における経営

III 福祉サービス提供主体の経営改革
 1 経営改革のあり方
 2 経営改革のプロセス
 3 経営改革の具体的手法

IV 社会福祉法人における経営改革
 1 経営改革の必要性
 2 自己改革の実例
 3 経営改革に対する都の支援

V おわりに

 社会福祉法人の自己改革の実例【資料編】
 設置要綱等


「福祉サービス提供主体経営改革に関する提言委員会」設置要綱
13福総改 第 73号
平成13年12月7日

第1 目的
 福祉サービスの利用についての考え方が、「措置」から「契約」へと変化し、規制緩和が進むとともに、多様な福祉サービス提供主体が参入してきているなど、福祉をめぐる状況が大きく変化する中にあって、行政の役割さらには福祉サービス提供主体の役割は大きく変化している。そこで、多様化している福祉サービス提供主体に今後求められる役割と課題を探り、その中にあって社会福祉法人の当面する課題を浮き彫りにし、社会福祉法人の自己改革の必要性、視点を示していくとともに、それに向けた都の施策のあり方、方向性を検討するため、福祉サービス提供主体経営改革に関する提言委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

第2 検討事項
 委員会は、次の事項について検討する。
 (1)福祉をめぐる状況変化と行政、福祉サービス提供主体の役割、あり方
 (2)社会福祉法人の自己改革、経営改革への視点と方向性
 (3)都の社会福祉法人に対する施策のあり方、再構築の方向性
 (4)社会福祉法人経営改革のモデル事業のフォローアップ、経営改革に取り組んだ社会福祉法人の実例の分析
 (5)その他

第3 構成
 委員会は、別表に掲げる者をもって構成するほか、必要があると認めるときは、委員を加えることができる。

第4 委員の任期
 1 委員の任期は、本委員会終了までとする。
 2 欠員が生じた場合、補欠委員の任期は前任者の残任期間とする。

第5 委員長等
 1 委員会に委員長及び及び副委員長を置く。
 2 委員長は委員の互選により定め、副委員長は委員長が指名する。
 3 委員長は、委員会の会務を総括し、委員会を代表する。
 4 副委員長は委員長を補佐し、委員長に事故があるときは、委員長の職務を代行する。

第6 招集等
 1 委員会は、委員長が招集する。
 2 委員長は、第3に掲げる者のほか、必要があると認めるときは、委員以外の者に委員会への出席及び必要な事項についての調査、検討を求めることができる。

第7 ワーキンググループの設置
 1 委員会は必要に応じ、ワーキンググループを置くことができる。
 2 ワーキンググループには座長を置き、委員長の選任により定める。
 3 ワーキンググループの構成は、委員会で選出された委員及び専門知識が必要な場合等、必要に応じて委員長が選任する外部の者を構成員とする。

第8 会議及び会議資料の取扱い
 1 委員会及び委員会に係る資料は、公開とする。ただし、委員長又は委員の発議により、出席委員の過半数で議決したときは、委員会又は資料を公開しないことができる。
 2 ワーキンググループ及びワーキンググループに係る資料は、委員の自由な発意を尊重するため、非公開とする。ただし、ワーキンググループで検討した事項は委員会に報告するものとする。

第9 事務局
 1 委員会の円滑な運営を図るため、総務部福祉改革推進課に事務局を置く。
 2 委員会及びワーキンググループの庶務は、事務局において処理する。

第10 その他
 この要綱に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員長が別に定める。

 附則
 この要綱は、平成13年12月7日から施行し、委員会の目的達成をもって廃止する。



福祉サービス提供主体経営改革に関する提言委員会 委員名簿

●委員
 
氏名
職名
◎委員 高橋 紘士 立教大学コミュニティ福祉学部教授
 委員 手塚 和彰 千葉大学法経学部教授
○委員 矢野 聡 日本大学法学部教授
 委員  岡橋 生幸 (株)日本能率協会総合研究所 CRM研究室室長
 委員 久保江 康 (株)ビジネスコンサルタント コーディネーターコンサルタント
 委員 福田 啓造 (株)エフケイズコンサルツ 代表取締役

◎委員長、○副委員長

●臨時委員(法人の自己改革に関するヒアリングに参加していただいた方)
  氏名 職名
臨時委員 稲垣 美治 社会福祉法人 もくせい会
特別養護老人ホーム ヨコタホーム 施設長
臨時委員 鈴木 みな子 社会福祉法人 賛育会
墨田区特別養護老人ホーム たちばなホーム 施設長
臨時委員 鈴木 信男 社会福祉法人 東京栄和会
なぎさ和楽苑 生活部長
臨時委員 牧野 賢三 社会福祉法人 福栄会
事務部長
臨時委員 笠間 秀行 社会福祉法人 滝乃川学園
滝乃川学園児童部 施設長
臨時委員 下竹 敬史 社会福祉法人 さくら福祉会
さくら保育園 副園長
臨時委員 彼島 巽 東京都社会福祉協議会
事務局次長
臨時委員 森 公男 社会福祉法人 白峰福祉会
統括マネージャー


福祉サービス提供主体経営改革に関する提言委員会審議経過

【提言委員会】
日程等
主な検討事項
第1回 平成13年12月17日 ○福祉をめぐる状況の変化について
第2回 平成14年 1月24日 ○サービス提供主体の現状と社会福祉法人について
第3回 平成14年 2月18日 ○これまでの福祉施策について
第4回 平成14年 3月 5日 ○改革実践法人施設長ヒアリング
○社会福祉法人経営改革モデル事業について
第5回 平成14年 4月17日 ○福祉サービス提供主体経営改革に関する課題整理(I)
第6回 平成14年 5月30日 ○福祉サービス提供主体経営改革に関する課題整理(II)
第7回 平成14年 6月12日 ○自己改革に取り組んだ社会福祉法人に対するヒアリング(1)
○福祉サービス事業者の経営改革の取組状況
第8回 平成14年 6月20日 ○自己改革に取り組んだ社会福祉法人に対するヒアリング(2)
○これまでの論点整理
第9回 平成14年 7月 2日 ○中間提言(案)について
○最終提言に向けた課題整理
第10回 平成14年 8月21日 ○福祉サービス提供主体の経営改革のプロセスと手法
第11回 平成14年11月20日 ○自己改革に取り組んだ社会福祉法人に対するヒアリング(3)
○これまでの論点整理
第12回 平成15年1月22日 ○最終提言(案)について

【ワーキング】
日程等
主な検討事項
第1回 平成14年 6月20日 ○中間提言(素案)について
第2回 平成14年 6月25日 ○中間提言(案)について
第3回 平成14年 9月30日 ○社会福祉法人の自己改革の実例の検討(1)
第4回 平成14年11月 6日 ○社会福祉法人の自己改革の実例の検討(2)
第5回 平成14年11月20日 ○最終提言(素案)について