このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 福祉保健の基盤づくり の中の 福祉保健施策 の中の 福祉保健局の重要な政策情報  のページです。

本文ここから
福祉保健の基盤づくり

福祉保健局の重要な政策情報 

【内容】(平成29年7月24日更新)

●献血がつなぐ 命と優しさを 7月は「愛の血液助け合い運動」月間です!
●「子育て応援とうきょうパスポート」夏休みキャンペーンを実施します!!
●ウイルス性肝炎は早期発見・早期治療が大切です! C型肝炎地域連携パスの運用を開始します 7月24日から7月30日まで、肝臓週間です

献血がつなぐ 命と優しさを  7月は「愛の血液助け合い運動」月間です!

献血推進運動の一環として、7月の1か月間「愛の血液助け合い運動」月間を実施します。少子・高齢化に伴い、献血可能人口が減少する一方、輸血用血液製剤の需要は増加する傾向にあります。全ての血液製剤を、国内の献血によって、安定的に確保する体制を早期に確立するため、皆様の献血への一層の御協力をお願いします!
⇒詳細はこちら

ポスター
平成29年度「愛の血液助け合い運動」月間ポスター

1 実施期間

平成29年7月1日から同月31日までの1か月間

2 実施機関

東京都、日本赤十字社東京都支部

3 主な実施内容

各種広報媒体による広報活動
献血功労者への厚労大臣表彰状及び感謝状、並びに知事感謝状の受賞者の決定
献血キャンペーンポスターの作成及び掲出
・都営地下鉄全線、区市町村、学校等に「愛の血液助け合い運動」月間ポスターを掲出
東京都職員献血の実施

4 献血日時・場所

都内14か所に常設の献血ルームがあります
献血ルームの詳細はこちら

また、主要駅前等では、献血バスによる献血も行っています。
献血バスの詳細はこちら
※実施日時、場所等の詳細は、東京都赤十字血液センターにお電話でお問い合わせいただくか、ホームページをご参照ください。

血液センター問い合わせ先
血液センター名 所在地 電話番号

東京都赤十字血液センター
推進課

新宿区若松町12-2 03-5272-3523

東京都赤十字血液センター
立川事業所 事業課推進係

立川市緑町3256 042-529-0405

【ホームページ(外部サイトへリンク)】
【携帯サイト(外部サイトへリンク)】

5 献血について

400ミリリットル・成分献血へのご協力をお願いいたします。

献血の種類
「全血献血」:全ての血液成分を献血する方法です(400ミリリットル、200ミリリットル)。
「成分献血」:成分採血装置を使用して血小板又は血しょうだけを献血する方法です。

献血方法別の採血基準や献血の間隔についてはこちら

血液の安全性について
人間の血液は、血液型が同じでも微妙な違いがあります。輸血量が同じであれば、少ない献血者からの血液を輸血したほうが、輸血を受ける方の副作用発生の可能性が低く、安全性が高まります。そのため、400ミリリットル献血や、一度に多くの血小板製剤や血しょう製剤を作ることができる成分献血への協力をお願いしています。

「子育て応援とうきょうパスポート」夏休みキャンペーンを実施中です!!

 中学生以下のお子様や妊娠中の方がいる世帯のみなさまが、企業や店舗で様々なサービスを利用できる「子育て応援とうきょうパスポート」。
 現在、より多くの皆様にご利用いただくため、下記のとおり夏休みキャンペーンを実施中です。夏休みでお出かけが増えるこの時期に、是非ご活用ください!!

1 実施期間

平成29年7月1日(土曜日)から8月31日(木曜日)
※実施期間は各店舗によって異なる場合があります。

2 実施内容

夏休みキャンペーンにご賛同いただいた協賛店が、夏休み限定の商品の割引、景品の提供や限定プランの実施等で、皆様の子育てを応援します!(詳細はホームページにて掲載・随時更新中)

是非、「子育て応援とうきょうパスポート」を活用してご家族でお楽しみください!!
キャンペーンに参加している協賛店等の名称やサービス内容は、専用ウェブサイト(随時更新中)でご確認できます。

子育て応援とうきょうパスポートとは
●どんなサービスが受けられるの?
協賛店では、商品の割引や粉ミルクのお湯の提供等、様々なサービスを提供します。利用の際、パスポートや年齢確認書類等の提示を求められることがあります。

●パスポートの入手方法は?
子育て応援とうきょうパスポート運営サイト(以下、「運営サイト」という。)で必要事項を入力すると、デジタルパスポートを入手できます。
紙パスポート付のチラシも、各区市町村庁舎等でお配りしています。
利用者登録リンク

デジタルパスポート

●どんなお店で使えるの?
協賛店として登録されている、都内の飲食店や商店等で使用できます。各店舗に貼ってある協賛ステッカーが目印となります。所在地やサービス内容等は、運営サイトで検索が可能です。

協賛ステッカー

●協賛店も募集中!
子育て世帯に温かいサービスを提供してくださる企業・店舗等の皆様も随時募集しています。 子育てを応援したいとお考えの皆様、是非、運営サイトよりご登録ください!
協賛店等仮登録リンク

ウイルス性肝炎は早期発見・早期治療が大切です!C型肝炎地域連携パスの運用を開始します 7月24日から7月30日まで、肝臓週間です

肝炎ウイルスに感染している人は、約40人に1人いると言われています。感染した状態を放置すると慢性肝炎から肝硬変、肝がんに進行する場合があります。
そこで、東京都は、C型肝炎ウイルスに感染していて自覚のない方や、自覚していても医療に結びついていない方を、早期に治療につなげるとともに、治療後の継続的な経過観察を目的として、かかりつけ医と肝臓専門医療機関が連携して診療にあたるC型肝炎地域連携パス「肝臓手帳」を作成し、平成29年7月1日から運用を開始します。
また、「肝臓週間」の機会を捉えて、まだ肝炎ウイルス検査を受けたことのない方に、検査を受けることをお勧めします。

C型肝炎地域連携パスの運用開始について
連携パスの運用詳細はこちら

1 地域連携パス「肝臓手帳」とは

C型肝炎に感染している患者の方々を中心として、地域の医療機関が、それぞれの役割分担を行い、情報共有をすることにより、治療前から治療後の経過観察に至るまで、患者の方々を支えていくための仕組みです。

2 運用のねらい

地域連携パス「肝臓手帳」(以下「手帳」という。)によって、C型肝炎ウイルスに感染している患者の方々を、かかりつけ医から肝臓専門医療機関につなげ、早期治療による肝炎ウイルス排除を目指します。
肝臓専門医療機関による治療後も、かかりつけ医と診療情報を共有しながら定期的な観察を続け、患者の方々の病態悪化等を早期に発見し、治療後の肝がん発生の早期診断・治療を図ります。

3 運用の方法

東京都が、都内2か所の東京都肝疾患診療連携拠点病院に運用及び運用状況の取りまとめを委託して実施します。
委託先は、23区は国家公務員共済組合連合会虎の門病院、多摩地域は武蔵野赤十字病院です。

【C型肝炎地域連携パス運用の流れ】
(1) 陽性発見
肝炎ウイルス検査で陽性となった患者さんを、かかりつけ医が、肝臓専門医療機関に紹介します。
(2)地域連携パスの登録
肝臓専門医療機関から、患者さんに手帳が渡されます。患者さんは、肝臓専門医療機関やかかりつけ医から伝えられた検査結果や治療内容を記入します。これ以降、この手帳は患者さんが所持します。医療機関に行く際、お持ちいただくことにより、診療情報が共有されるため、患者さんは安心して診療を受けることができます。
(3)治療後・経過観察
治療後も、肝臓専門医療機関とかかりつけ医が定期的な観察を続け、治療後の病態悪化(肝がん発生)があれば、早期の治療につなげます。
(4)その他
その他の医療機関を受診する場合でも、手帳をお持ちいただくことにより、診療内容が正確に伝わり、診療に役立ちます。

4 各ホームページによる周知

福祉保健局
東京都肝疾患診療連携拠点病院 虎の門病院 肝疾患相談センター(外部サイトへリンク)
東京都肝疾患診療連携拠点病院 武蔵野赤十字病院肝疾患相談センター(外部サイトへリンク)

※肝臓専門医療機関とは・・・一般社団法人日本肝臓学会認定専門医・指導医が在職することを条件として、申請に基づき東京都が指定する医療機関
※肝疾患診療連携拠点病院とは・・・高度専門医療を提供し医療水準の向上に努めるとともに、肝疾患に関する情報提供、肝炎患者等支援の拠点として機能する医療機関。東京都は都内2か所を指定

ウイルス性肝炎について
ウイルス性肝炎は、ウイルスの感染によって起こる肝臓の病気で、ウイルスの種類によってB型肝炎、C型肝炎等に分類されます。主な感染経路は、肝炎ウイルスに汚染された注射針の使用や、検査方法が確立する1990年頃までの輸血、血液製剤の使用などです。また、最近では、B型肝炎ウイルスに感染している人との性交渉による感染も増えています。感染がわかったとしても、新しい治療法により、早期の受診・治療によって、治癒や肝臓がんへの進行を防ぐことが、期待できるようになりました。ウイルス性肝炎は、血液検査で早期に発見し、早期に治療を受けることが大切です。

肝臓週間の取組
●肝臓週間について
7月28日は、ウイルス性肝炎のまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消、感染予防の推進を目的とする「世界(日本)肝炎デー」で、その日を含む7月24日から30日までの一週間が「肝臓週間」です。

●ウイルス性肝炎のパネル展の開催
期間:7月25日(火曜日)~7月28日(金曜日)
場所:東京都庁第一本庁舎1階中央アートワーク台座
※パネル展を通じて、ウイルス性肝炎を知ってもらうとともに、検診の重要性の認識を深めてもらいます。

●新宿西口地下通路及び新宿西口動く歩道掲示板でのポスター掲示
期間:7月14日(金曜日)~8月13日(日曜日)(予定)

お問い合わせ

このページの担当は 東京都福祉保健局 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る