「TOKYO 福祉改革STEP2」メニューに戻る

「TOKYO 福祉改革STEP2」(全文)
─ 『地域での自立を支える 新しい福祉』を目指して ─

御覧になりたい項目をクリックして下さい。
I 大都市「東京」から発信する『地域での自立を支える 新しい福祉』
II 「福祉改革 STEP2」の必要性と意味
III 地域での自立を支える「福祉改革 STEP2」の基本コンセプト

IV 地域での自立を支える新しい福祉の体系

 1.身近な「地域」で福祉サービスを利用し、いきいきと暮らせる社会を築く
  <子どもが地域で健やかに育つことのできる社会を築く>
  <障害をもつ人が可能な限り地域で自立して生活できる社会を築く>
  <高齢者が地域で安心して暮らし続けることのできる社会を築く>

 2.利用者が自ら必要な福祉サービスを安心して「選択」できるしくみを築く

 3.サービス提供のしくみを改革し、「競い合い」を通じたサービスの量と質の向上を
  実現する

 4.新しい福祉の実現に合わせて、都立福祉施設を抜本的に改革する

V 分野別事業計画

 IV 地域での自立を支える新しい福祉の体系


1.身近な「地域」で福祉サービスを利用し、いきいきと暮らせる社会を築く

高齢者が地域で安心して暮らし続けることのできる社会を築く
これから本格化する超高齢社会を安心して迎えるために、ケアと結びついた住まいである「ケア・リビング」を推進し、ケアが必要となったときにも、出来るだけ地域の中で、安心して暮らし続けることのできる環境を整備していきます。

<目指すべき将来像>

○「ケア・リビング」の推進により、都内各地域でグループホームやケアハウスなどの整備が進み、また、民間の暮らしの福祉基盤も安心して利用できる環境も整っており、高齢者がケアが必要となっても、地域との関わりを維持しながら暮らし続けることができる基盤が整っています。

○高齢者の社会参加のしくみや生活を支えるサービスが充実され、誰もが生きがいを持って地域の中で暮らすことのできる環境が整っています。


(1) 高齢者が、それぞれの価値観や生活スタイルに合わせて、地域で安心して暮らし続けることのできる多様な住まいの整備を進め、「ケア・リビング」を推進します。

○都独自の施策の展開により、グループホームなどの暮らしの福祉基盤の整備を強力に推進します!

○高齢者のための暮らしの基盤の一層の充実のために、社会福祉法人やNPO法人などに加えて、民間企業の参入を図り、多様な供給主体による競い合いを促進します!

○有料老人ホームなど民間主導による暮らしの福祉基盤を安心して利用できるようにしていきます!

中期的な目標と取り組み うち14年度の展開

暮らしの福祉基盤の整備を強力に推進します!

  • 高齢者が地域で、継続して暮らせるよう、新しい住まい方である「ケア・リビング」を多様な手法を組み合わせることにより推進します。

  • 希望する高齢者が、地域で安心して暮らし続けることができるよう、様々な施策を効果的に組み合わせることなどにより、痴呆性高齢者グループホームやケアハウスなどの多様な住まいの整備を強力に推進します。

民間の暮らしの福祉基盤を安心して利用できるようにします!

  • 民間主導の供給が進んでいる有料老人ホームなどについても、高齢者が安心して、良質なサービスを利用できるしくみの構築を図ります。

  • 民間の未利用地等をグループホーム等の整備に活かす「暮らしの福祉インフラ緊急整備事業」の創設

  • 公的ストック(学校跡地や公営住宅)の活用

  • 痴呆性高齢者GH 約500人分
    :企業参入促進のための整備費補助新設等

  • ケアハウス増設 約500人分

  • シルバーピア増設 約500人分

  • 有料老人ホーム等モデル契約書の検討・作成など

 

ケア・リビング
(暮らしを支えるサービスと地域の中での安心の住まい)

現 状
○介護が必要となった時、
 施設・病院等を希望するのは、2割

・介護が必要となったときどこで生活したいか
  在宅での
生活継続
施設・病院
等への入所
その他
(不明等)
割合
59.4%
20.2%
20.4%

○痴呆性高齢者グループホームの整備が進んでいない
・都内の整備状況(13年度は13年12月現在)
年度 10 11 12 13
箇所
14
36

○痴呆性高齢者グループホームなど、暮らしの福祉基盤整備を推進

○民間主導による暮らしの福祉基盤を安心して利用できるよう、有料老人ホーム等の基準を明確化

 

改革後のイメージ

高齢者の状態にあわせ、選べる多様な住まい方




(2) 高齢者が地域で孤立することなく、生きがいを持って暮らし続けられるよう、社会参加のしくみや、多様な住まい方などの暮らしを支えるしくみの充実を図ります。

○高齢者の地域での多様な暮らしや住まい方について、「東京」に相応しい新しいスタイルをつくっていきます!

○相談機能や生活を支えるサービスを充実し、虚弱や一人暮らしの高齢者が孤立することがないよう、地域での暮らしを支援します!

○高齢者が生きがいを持って生活できるよう、社会参加のしくみの充実を図ります!

中期的な目標と取り組み うち14年度の展開

高齢者の地域での生きがいをもてる暮らしを支援します!

  • 痴呆性高齢者グループホームの設置促進と併せて、高齢者の地域での多様な暮らしや住まい方について、特別養護老人ホームでの生活や資産を活用した暮らしを支えるしくみ(リバースモーゲージなど)を含めた幅広い調査・検討を行い、「東京」に相応しい新しいスタイルをつくっていきます。

  • 在宅介護支援センターや介護支援専門員の機能を向上させ、福祉サービスについての相談や調整がより円滑に行われるようにします。

  • 高齢者の生きがいや暮らしを支える福祉サービスの一層の充実を図ります。

  • 現役時代に獲得した経験や知恵を社会に活かすナレッジバンクの一層の充実を図ります。
  • 痴呆性高齢者等の地域居住支援のしくみの調査・検討
    :痴呆性高齢者GHなどの実態調査
    :痴呆性高齢者GH運営のガイドライン作成
    :痴呆性高齢者GH経営相談会実施

  • 在宅介護支援センターの活用
    :在宅介護支援センターを核にした、高齢者の暮らし支援に関する区市町村の取組促進

  • 生きがい支援型サービスの充実
    :介護予防・生活支援事業(生きがい対応型デイサービス事業、生活援助・生活支援ヘルパー事業)

  • ナレッジバンクの充実

地域のなかで、いつまでも元気に、生きがいを持ち暮らす

現 状

○高齢者の約8割は元気
大変
良い
普通 弱い 長期
臥床
無回答
18.8%
57.5%
20.8%
2.6%
0.3%

○高齢者に占めるひとり暮らしの高齢者の割合は、全国の1.5倍
全 国 13.8%
東 京
20.3%

○高齢者の4割が各種活動への参加を希望
サークル 学習 スポーツ ボランティア 特に無等
24.0%
9.1%
13.5% 14.8% 60.9%
※各種活動への参加希望は、複数回答

○高齢者の多様な暮らし方をつくる

○高齢者が生きがいを持てるよう
  社会参加を促進

 

改革後のイメージ



「TOKYO 福祉改革STEP2」メニューに戻る


このページのトップに戻る