このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

民生委員・児童委員とは

 民生委員・児童委員は、社会奉仕の精神をもって、常に住民の立場に立って相談に応じ、必要な援助を行う無報酬のボランティアです。
 また、福祉事務所や児童相談所など関係行政機関への協力等、様々な活動を行っています。

【民生委員】
 それぞれの担当地域において、一人暮らし高齢者などへの援助活動をはじめ、さまざまな相談に対応し、相談内容に応じて必要な支援が受けられるよう、関係機関への橋渡しを行っています。

【児童委員】
 民生委員は、児童委員を兼ねています。児童や乳幼児、妊産婦等の福祉や保護等のための相談や援助を行っています。

【主任児童委員】
 児童に関する専門的知識・経験を有する児童委員の中から指名され、児童福祉に関する機関との連絡調整を行っています。

選任手続きについて

 区市町村に設置された民生委員推薦会が推薦した候補者を、東京都知事が厚生労働大臣に推薦し、厚生労働大臣が委嘱します。審査が必要な場合は、東京都社会福祉審議会の意見を聴いた上で、厚生労働大臣に推薦します。
 なお、主任児童委員は、児童委員の中から厚生労働大臣が指名します。 

任期・定数など

◎任期  3年(今期は平成28年12月1日~平成31年11月30日)
◎給与  支給しない
◎定数  10,324人(平成28年12月1日から)
      うち、民生委員・児童委員9,544人、主任児童委員780人(ただし、八王子市は除く。)

目印


門標


徽章

◎門標
 民生委員・児童委員の自宅玄関や門に掲出しています。

◎徽章
 民生委員・児童委員が活動の際、胸元に着用しています。
 幸せのめばえを示す四つ葉のクローバーを背景に、民生委員の「み」の文字と児童委員を示す双葉を組み合わせ、平和のシンボルの鳩をかたどって、愛情と奉仕を表しています。

お住まいの地域を担当する民生委員・児童委員についてなど、詳しくは、お住まいの区市町村へお問い合わせください。

区市町村主管課一覧

東京の民生委員制度創設100周年!

東京都の民生委員制度の始まりとする救済委員制度が、今年、制度創設100周年を迎えました。
都や各区町村において、東京の100周年を記念したイベント等を開催する予定です。


   東京都民生委員・児童委員キャラクター「ミンジー」

お問い合わせ

このページの担当は 生活福祉部 地域福祉課 民生・児童委員担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。