このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 子供家庭 の中の 保育サービス の中の 東京都保育士等キャリアアップ研修に関すること のページです。

本文ここから

東京都保育士等キャリアアップ研修に関すること

東京都保育士等キャリアアップ研修について

東京都では、「保育士等キャリアアップ研修ガイドライン」(平成29年4月1日付雇児保発0401第1号厚生労働省雇用均等・児童家庭局保育課長通知別紙)(以下「ガイドライン」という。)及び「東京都保育士等キャリアアップ研修事業実施要綱」(平成30年2月15日付29福保子保第4351号)に基づき、「東京都保育士等キャリアアップ研修」(以下「キャリアアップ研修」という。)を次の方法で実施します。

キャリアアップ研修の内容

1 研修分野

キャリアアップ研修は、専門分野別研修(6分野)、マネジメント研修、保育実践研修で構成されます。分野ごとの研修内容は、ガイドライン等をご確認ください。

2 実施主体

キャリアアップ研修の実施主体は、東京都が指定する研修を実施する区市町村、指定保育士養成施設、就学前の子供に対する保育に関する研修の実績を有する非営利団体となります。

3 研修対象者

キャリアアップ研修の対象者は、保育所等(子ども・子育て支援法に基づく特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業並びに東京都認証保育所をいう。以下同じ。)の保育現場で、それぞれの専門分野に関してリーダー的な役割を担うひとです。

4 研修時間

1分野15時間以上の研修となります。
履修時間が足りない場合は、研修修了となりませんのでご注意ください。

5 研修修了の評価

研修を全て受講していることを確認するとともに、研修の受講後にレポートを提出させるなど、研修内容に関する知識及び技能の習得とそれを実践する際の基本的な考え方や心得の認識を確認します。

6 指定した研修一覧

東京都保育士等キャリアアップ研修 指定研修一覧

キャリアアップ研修の指定手続きについて

東京都保育士等キャリアアップ研修の指定手続きについて

事業者の方への「東京都保育士等キャリアアップ研修の指定手続きについて」をご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 少子社会対策部 保育支援課 保育助成担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。