このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 子供家庭 の中の 保育サービス の中の 認可外保育施設 について の中の お知らせ(事業者の方へ) のページです。

本文ここから
子供家庭

お知らせ(事業者の方へ)

玩具による指不全切断事故の情報提供及び事故防止について

 都内保育施設において、1歳児が「木製おままごとキッチン玩具」の、扉部分に左手の中指を挟んで出血する事故が起こりました。
 つきましては別添資料を御覧いただき、あらためて玩具の正しい使用方法を確認していただくとともに、児童の行動に細心の注意を払い保育をしていただきますようお願いします。

きざみ海苔を原因とした食中毒事件の発生について

 立川市内の小学校の給食において1,000人規模のノロウイルスによる食中毒が発生しましたが、今般、当該給食で提供された「キザミのり」からノロウイルスが検出され、患者ふん便及び吐物から検出されたノロウイルスと遺伝子配列が一致しました。
 下記のファイル及び報道発表ページを御確認いただき、貴施設内に当該「キザミのり」があった場合は絶対に提供しないよう、注意をお願いいたします。

立川市立小学校における給食による食中毒(第2報)

「乳幼児突然死症候群(SIDS)」の対策・普及啓発について

 厚生労働省から、乳幼児突然死症候群の対策において、3つの望ましい育児習慣等について、ポスター及びリーフレットの発表がありました。また、消費者庁から0歳児の就寝時の窒息死に関する注意喚起について報道発表がありました。
 下記の資料を御覧いただき、認可外保育施設内におけるSIDS予防策の徹底と職員間の一層の意識向上をお願いいたします。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。【参考】厚生労働省ホームページ(11月は「乳幼児突然死症候群(SIDS)」の対策強化月間です)

「教育・保育施設等における事故防止及び事故発生時の対応のためのガイドライン」について

 厚生労働省から、保育現場での事故防止策や、発生時の対応を定めたガイドラインを作成した旨の通知がありました。当ガイドラインに加えて、注意事項の周知徹底のためのミニポスター(別添1)及び周知啓発資料(別添2)も御活用いただき、より安全な保育環境の確保にお役立てください。

「特定教育・保育施設等における事故情報データベース」の公表について

 教育・保育施設等における重大事故については、各施設から御報告をいただき、その報告に基づき、国へ報告をしております。この報告については、事故防止を目的とし、昨年度から特定教育・保育施設等における事故情報データベースとして下記リンク先の内閣府のホームページで公表しております。
 データベースでは、事故の概要の他、事故発生の要因分析として、再発防止のための改善策等を掲載しておりますので、午睡中の死亡事故、保育中の骨折事故等の事故発生の防止等や事故発生時の対応の御参考としていただきますようお願いいたします。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。【内閣府】「特定教育・保育施設等における事故情報データベース」の公表について

認可外保育施設における利用者の安全の確保について

 神奈川県相模原市に所在する障害者支援施設内で、不審者により多数の入所者が殺傷されるという痛ましい事件が発生しました。認可外保育施設におかれましては、日頃から利用者に対する安全の確保に取り組まれていることと存じますが、あらためて、施設の防犯体制や職員対応体制の確認、緊急連絡先の整備、地域住民等との連携等、安全に対するより一層の御配慮をお願いいたします。

障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)の施行について

 平成28年4月1日、障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)が施行されました。この法律は、障害を理由とする差別の解消の推進に関する基本的な事項や、国の行政機関、地方公共団体等及び民間事業者における障害を理由とする差別を解消するための措置などについて定めることによって、全ての国民が障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現につなげることを目的としています。この法律の概要については下記のリーフレットを御覧ください。

 東京都では、本法律の施行を踏まえ、障害者差別解消法の趣旨や内容、日々の活動の中で配慮すべき事項等を分かりやすくまとめた「東京都障害者差別解消法ハンドブック」を作成しました。下記のリンクからハンドブックを御覧いただき、認可外保育施設におかれましても、障害者に対する合理的な配慮に基づいた運営がなされるよう御活用いただければと思います。

障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)

インフルエンザの予防について

 インフルエンザは、咳やくしゃみに含まれるウイルスを吸い込むことや、ウイルスの付着した手で鼻や口を触ることで感染します。毎年インフルエンザ罹患者の約半数は10歳未満の子供であり、普段集団生活をすることが多い子供たちの接触による感染を予防することが大切です。インフルエンザを予防するには、「マスクの着用」、「咳エチケット」、そして「手洗い」が効果的です。
 下記リンク先「東京都インフルエンザ情報サイト」では、インフルエンザについての情報やガチャピンとムックによる「正しい手洗いの方法」を解説する動画をご案内しています。保育施設等でのインフルエンザの予防にお役立てください。

東京都インフルエンザ情報サイト

「保育所における感染症対策ガイドライン」の改訂について

障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律等の施行に伴う同法第30条の保育所等における適切な対応について

 障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律(障害者虐待防止法)が平成24年10月から施行されました。
 保育所等におかれては、以下の「国通知」等を参考に対応していただきますよう、お願いいたします。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。参考資料(5):【厚生労働省】「障害者虐待防止法が施行されます」


「障害者虐待防止と権利擁護」の詳細はこちらをご覧ください。
(障害者施策のページへのリンクです。国通知における以下の参考資料も掲載しております。)

  • 参考資料(3):「市町村・都道府県における障害者虐待の防止と対応」
  • 参考資料(4):「障害者福祉施設・事業所における障害者虐待の防止と対応の手続き」

  

社会福祉施設等における腸管出血性大腸菌感染症の集団感染の防止について

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。社会福祉施設等における腸管出血性大腸菌感染症の集団感染の防止について

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 少子社会対策部 保育支援課 地域保育担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る