このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 子供家庭 の中の 東京都若年被害女性等支援モデル事業 の中の 平成30年度東京都若年被害女性等支援モデル事業の一部を実施する事業者を選定しました。 のページです。

本文ここから

平成30年度東京都若年被害女性等支援モデル事業の一部を実施する事業者を選定しました。

 東京都では、平成30年8月24日(金曜日)、「平成30年度東京都若年被害女性等支援モデル事業委託先選定委員会」を開催し、平成30年度東京都若年被害女性等支援モデル事業の一部を実施する事業者について以下のとおり選定しました。

(1)事業者
 一般社団法人 Colabo
 特定非営利活動法人 BONDプロジェクト
 特定非営利活動法人 人身取引被害者サポートセンターライトハウス

(2)選定方法
 東京都及び外部有識者によって構成する「平成30年度東京都若年被害女性等支援モデル事業委託先選定委員会」を開催
 選定委員会で応募事業者の企画提案を審査し、上位3団体を選定

(3)選定の経緯
 平成30年7月20日(金) 企画提案募集要領等公表
        リンク ※既に募集は終了しています
       7月23日(月)から7月30日(月)まで 応募受付

       8月15日(水) 企画提案書等提出期限

       8月24日(金) 選定委員会

(4)応募状況

   4事業者が応募

(5)審査のポイント

 (ア)企画運営全体の特徴について

 ・若年被害女性等に対する福祉施策を理解し、現在の若年被害女性等を取り巻く現状と課題を踏まえた内容

  であるか

 ・本事業の目的と期待される効果を十分に理解して、事業実施方針を提案しているか

 ・実施内容に明確性、意欲、熱意があるか

 ・実施団体等の強み・特徴等支援を行う上で有利と思われる事項があるか

 (イ)事業実施体制について

 ・若年被害女性等支援の実績・ノウハウは十分か

 ・適切な実施体制や必要な人員を確保できるか

 ・個人情報保護、人権・権利擁護、法令順守について十分な配慮を行っているか

 ・財務状況は良好か

 ・事業実施スケジュールに確実性はあるか

 ・行政の各支援機関等と連携・協力しながら実施できるか。

 (ウ)事業実施内容について

 ・アウトリーチ支援、居場所での支援、自立支援等の実施方法について、具体的に提案しているか

(6)今後の予定

 10月1日(月) 事業開始

お問い合わせ

このページの担当は 少子社会対策部 育成支援課 女性福祉担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

東京都若年被害女性等支援モデル事業

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。