トップページへ 概要へ
第1章 現状と課題
 1 基本的な考え方と視点
 2 最重要課題としての職場・雇用環境の整備
 3 社会の子育て責任
第2章 現状と課題
1 子育てと仕事に関する環境整備の状況
2 東京都の現状
第3章 施策の提言
 施策の方向性1:子育てをしやすい仕組みにかえる
 施策の方向性2:日常のゆとりある子育て時間を確保する
 施策の方向性3:親子の絆を強め、子どもの成長を見守る期間を確保する
 施策の方向性4:子育ての楽しみをひろげる
 施策の方向性5:子育てを応援する気運を高める

東京都児童環境づくり推進協議会 「中間報告」子どもが輝くまち東京

─生きること、育てること、 働くことに喜びを─ 

 


 






第2章 現状と課題

1 子育てと仕事に関する環境整備の状況

 

2 東京都の現状

(1) 働く人の子育て環境

 1.子育てと仕事の両立の状況

 2.働く人の子育て環境  3.家庭内での役割分担 (2) 子育てと仕事に関する意識  1.女性の働き方について  2.子育ての責任について  3.子育てと仕事の両立の負担感について  4.職場における両立支援制度について  5.子育てと仕事の両立のために望むこと (3) 企業における子育てと仕事の両立支援策の実施状況 (4) 企業の子育てと仕事の両立支援策に対する行政の取組 (5) 子育てと仕事の両立の課題  1.子育てと仕事を両立させることを目的とした制度が不備である。  2.子育てと仕事についての考え方が固定的である。  毎日の生活に子育てをするゆとりがなく、親子の情緒的かかわり合いがもてない。  4.子育てを長期的なスパンでとらえて支援する仕組みが不十分である。  5.子育てに希望がもてない。
第3章 施策の提言へ続く